鹿島アントラーズにジーコスピリットを植え付けた男
スポンサードリンク

1991年、住友金属にジーコが来てから鹿島アントラーズの歴史が始まりました。ジーコスピリット・ジーコイズムが生まれた年といってもいいですね。

ここでは鹿島アントラーズの生みの親と言ってもいいジーコについて紹介します。

ジーコが日本にやってきた

サッカーの本場ブラジルのスーパースター「ジーコ」が、プロリーグのない日本のチームにやってきました。

ジーコが選んだのは鹿島アントラーズの前身「住友金属(略して住金)」。当時の住金は日本の中でも中級クラブでした。

読売(今のヴェルディ)や日産自動車(今のマリノス)には到底かなわないようなチームだったんです。

そんなチームに神様ジーコがやってきたということで、かなりのフィーバーになったのはよく覚えています。

ハッシー
スーパースターのジーコがド田舎の鹿島町にやってきた~

ブラジルで一度引退したジーコは、日本でプロリーグが始まることを聞きつけてやって来たんです。

ジーコの素晴らしいところはトップクラブではなく、プロに入れるか入れないかという住友金属を選んだといこと。

リネカーやリトバルスキーなどJリーグ初年度には多くのスーパースターがいましたが、多くはプロリーグに入るクラブに来ています。

ハッシー
ていうか普通はそうでしょ。

ジーコスピリットを植え付けた男

加入してからのジーコは、まだまだ粗削りな選手たちやチームスタッフたちに勝利のメンタリズム(今でいうジーコスピリット)を徹底的に植え付けていきました

この頃の住金には、佐藤洋平・大野俊三・賀谷英司・石井正忠眞中靖夫などがいました。

意外なところでは、仙台監督やリオ五輪監督を務めた手倉森誠もいたんです。当時の手倉森はパチンコなどに明け暮れ、どうしようもない選手だったようですが........。

ハッシー
あの手倉森が住金の選手だったとは……しかもギャンブル好きだったとは……

そしてジーコが呼んで加入したアルシンドサントス。本田技研からは古川昌明本田泰人・内藤就行・黒崎久志長谷川祥之など。

そして大学生ルーキーの秋田豊や奥野僚右を擁して、見事初代チャンピオン(ファーストステージ)を成し遂げました。

初年度のJリーグ加盟は99.9999%無理と言われたところからの、奇跡の優勝だったんです。

それもこれも鹿島アントラーズにジーコが来たから。そしてジーコスピリットを植え付けてくれたからです。

鹿島アントラーズの歴史は、ここから始まっていきました。

ハッシー
ジーコが住金にきていなければ今のアントラーズはないでしょうね。

これからもジーコスピリットを継承して、さらにタイトルを積み重ねることを期待します。

ちなみにジーコというのはニックネームで「やせっぽっち」という意味です。本名は、アルトゥール・アントゥネス・コインブラ。

体の小さいやせっぽっちのジーコが「白いペレ」と言われるまでになるには、相当の努力はもちろん、人一倍負けず嫌いの性格ゆえなのでしょうね。

負けず嫌いの性格ゆえ、1993年のチャンピオンシップでは「ジーコのつば吐き事件」を起こします。

今では伝説となったつば吐き事件。詳しくは関連記事をご覧ください。

スポンサードリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事