ジーコのつば吐き事件(1993年チャンピオンシップ)の真相
スポンサードリンク

今や知る人が少なくなってしまったかもしれません。

1993年のチャンピオンシップで起きた「ジーコのつば吐き事件」。

世界的スターのジーコが行ったこの行動。ちょっとだけ言わせてもらいます。

ジーコのつば吐き事件とは?

それは1993年のJリーグでの出来事。

サントリーシリーズ(ファーストステージ)優勝の鹿島アントラーズと、ニコスシリーズ(セカンドステージ)優勝のヴェルディ川崎とのチャンピオンシップ第2戦でそれは起きました。

ヴェルディのPKの場面で、キッカーが蹴る直前にジーコがペナルティエリア内に入ってきてボールにつばを吐きかけるという行為をしました。

これに対してレフェリーはレッドカードを提示(のちにジーコは4試合の出場停止)。

これが俗にいう「ジーコのつば吐き事件」です。

この出来事はスポーツニュースや新聞でも大きく取り扱われ、25年たった現在でもJリーグの語り草となっています。

ジーコがつばを吐いた真意は?

まずはこの動画をご覧ください。

ジーコがつばを吐いた行為は許されるべきものではなく、レッドカードになるのは当然だと思います。

しかし、多くの鹿島アントラーズファンはジーコがなぜあのような行為をしたのか知っています。

だからこそ、退場になって年間優勝を逃してもジーコを責める人はいませんでした。

あの試合のジーコはレフェリーのジャッジにかなりのフラストレーションがたまってイライラしていました。

私もテレビで試合を見ていましたが、明らかにヴェルディ寄りのジャッジでしたね。それもあって、ジーコはつばを吐くという行為に出てしまったのでしょう。

ハッシー
悲しくなるほどヴェルディ寄りのジャッジでした

ホーム&アウェイの意味なし

1993年のチャンピオンシップはホーム&アウェイで行われました。

しかし鹿島のホームであるはずのカシマスタジアムでは行わず、2試合とも国立競技場で行われたんです。

これに大きな不満を持っていたのがジーコです。

そりゃそうです。だって国立競技場はヴェルディ川崎の準ホーム的な扱いの場所だったんですから。

ハッシー
つまり2試合ともヴェルディのホームの試合だったということです。

今ではあり得ないことが初年度のJリーグでは実際に起きていたんです。

このこともジーコがつばを吐いてしまった要因の1つなのは間違いありません。試合前からイライラが募っていたんです。

ヴェルディの選手が14人!?

ジーコが後日語っていて私もその時に初めて知りましたが、あの試合にはヴェルディの選手は14人いたらしいんです。

サッカーは11vs11のスポーツなので、14人というのはおかしいですよね。

実は、あの試合のレフェリーと副審2人の合計3人は、読売クラブ(現ヴェルディ)のOBだったんです。

そのような人間が、試合のレフェリングをすれば無意識のうちにヴェルディ寄りになってしまうことは目に見えています。

ハッシー
読売のOBからしたら、ぽっと出の田舎チームには死んでも負けたくないわな

ジーコのこの行為が結果的に、Jリーグの体質を変えるきっかけにもなったのではないかと思っています。

「つば吐き事件」は起こるべくして起きたといってもいいでしょう。ジーコのあの行為は必要だったんです。

ジーコは、Jリーグという始まったばかりの日本のプロリーグに一石を投じてくれました。

ジーコはまさに、鹿島アントラーズとJリーグの神様ではないでしょうか。

ハッシー
つば吐き事件はその後のJリーグを間違いなく変えました!
スポンサードリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事