鹿島アントラーズにはかつて野沢拓也という男がいた
スポンサードリンク

茨城県笠間市が生んだファンタジスタ野沢拓也

鹿島アントラーズユース出身の選手です。

高校生の頃から大注目されていた野沢拓也

1999年にトップ昇格していますが、このとき野沢拓也は高校3年生。高3にしてトップ昇格は異例で、それだけ野沢の実力をアントラーズは買っていたことがうかがえます。

素晴らしいパスセンスとシュートセンスを持ち、才能あふれる野沢。

しかし当時の鹿島アントラーズの中盤には、本山小笠原中田ビスマルクといったスーパースター達が君臨していました。

そんな中でも野沢は4月に出場を果たし、17歳7か月30日というクラブ最年少出場記録を打ち立てています。

その後は控えに回る時期が続きましたが、7年目となる2005年からレギュラーに定着するようになります。

ハッシー
鹿島ユース出身で活躍したのは、フィールドプレーヤーでは野沢が最初かも

鹿島アントラーズのリーグ戦3連覇に貢献した野沢

鹿島アントラーズの3連覇(2007~2009)にも貢献してくれました。1度だけではありますが日本代表にも選出された経験があります。

私が印象に残っているのは、後ろからの浮き球のパスをボレーシュートでゴールを決めたこと。

「あのような芸当は野沢にしかできないだろうな」と当時は思っていました。横からのパスならいざ知らず、後ろからですよ。凄すぎです。

ここで野沢拓也のそのシュートをご覧ください。ちなみに野沢のゴールは2位(6分10秒くらい)です。

鹿島アントラーズには2014年の途中まで在籍し、その後はヴィッセル神戸・ベガルタ仙台で活躍しました。

2018年はオーストラリアでプレーすることが決まったみたいです。まだ35歳ですし、現役を終えるのは早すぎますね。

でもいずれは、鹿島に戻ってきてほしいです。コーチでもなんでもいいいので。

ハッシー
監督としても大歓迎ですよ♪
スポンサードリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事