元ブラジル代表のマジーニョは鹿島アントラーズにいた!
スポンサードリンク

鹿島アントラーズで大活躍したマジーニョ。

1995年に鹿島アントラーズにやってきてから、その才能をいかんなく発揮。多くの得点を量産してくれました。

ここでは元鹿島アントラーズのマジーニョを紹介します。

マジーニョは日本人ストライカーとは別次元!

マジーニョが鹿島アントラーズに助っ人として在籍していた時期は1995年~1999年。

この頃の鹿島アントラーズには、長谷川黒崎柳沢平瀬鈴木といったタレント揃いのFW陣がゴロゴロいました。

この5人は、全員日本代表でも活躍しています。そんなレベルの高い鹿島アントラーズのFWの中でも、頭1つ飛びぬけていたのは何を隠そうマジーニョです。

高さもあるのでヘディングも強い。しかも足元もうまい。まさに、点を取るために生まれてきたようなサッカー選手です。

鹿島アントラーズの2トップはマジーニョを軸として組まれることが多かったです。

ハッシー
どんなプレーでも平均以上。それがマジーニョです。

マジーニョはブラジル代表としての経験もあった!

鹿島アントラーズに来る前のマジーニョは、ブラジルのサントス・ドイツのバイエルンミュンヘンなどで活躍していました。

ブラジル代表としての経験もあり、天才ストライカー「ロマーリオ」と2トップを組んでいたこともあります。

そんな選手がプロリーグの始まったばかりの日本に来たら、ずば抜けるのは当然と言えば当然です。

鹿島アントラーズでは、リーグ戦に100試合出場していて得点は52点です。

得点王こそ獲れませんでしたが、大事なところで貴重なゴールを奪ってくれるマジーニョは鹿島アントラーズにはなくてはならない存在でした。

ハッシー
優しそうな親しみやすい顔も人気の要因でした

鹿島アントラーズ退団後は、川崎フロンターレ・ブラジルのブラガンチーノに在籍して現役生活を終えています。

スポンサードリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事