レオシルバ(鹿島アントラーズ)のボールキープ力は凄まじい!
スポンサードリンク

元20歳以下のブラジル代表で活躍したレオシルバ。2017年にアルビレックス新潟から鹿島アントラーズに加入しました。

ここでは鹿島アントラーズのボランチ「レオシルバ」を紹介します。

アルビレックス新潟時代のレオシルバはヤバすぎた

アルビレックス時代のレオシルバは、1人だけ別次元でした。ボール奪取能力が凄まじく、奪った後のドリブルやパスも超一流。

そしてボールキープ力も天下一品。鹿島アントラーズもレオシルバには、苦労させられました.......。

確実にボールが取れそうなところで、なぜか取れない。常に相手と逆に動き、ボールをキープし続けていました。

さらにレオシルバはフリーキックからゴールも奪えるという、とんでもないボランチだったんです。事実、前年15位だったアルビレックス新潟を7位まで押し上げています。

これは間違いなくレオシルバの活躍によるものです。アルビレックス新潟で大活躍し、優秀選手に何度も選ばれていましたがMVPにはなれませんでした。

MVPは優勝チームから出ることが多いので、中堅クラブの新潟では難しかったのでしょうね。もし強豪クラブに在籍していて、優勝していれば間違いなくレオシルバはMVPを獲得していたでしょう。

ハッシー
鹿島みたいなクラブね。

そのくらいアルビレックス時代のレオシルバは別次元のプレーをしていたんです。

満を持して2017年に鹿島アントラーズ入団!しかし・・・

そんなレオシルバが2017年に鹿島アントラーズにやってきました。鹿島は、前年の2016年にはJリーグ優勝を果たしたクラブ。

さらにレオシルバが加入したことで、より一層「選手層」が厚くなり、多くのサッカー関係者からも「優勝間違いなし!」と言われたほどです。

Jリーグ開幕前に行われる「ゼロックススーパーカップ」では、浦和レッズを3-2で下しました。

結果は1点差ながらも、試合は圧倒的にアントラーズペース。その中心にいたのはレオシルバでした。

ハッシー
この試合のレオシルバは1人だけずば抜けてました

この試合を見たときには「レオシルバは凄い」。そして「今年は全タイトル制覇だ!」と思ったものです。しかし、Jリーグはそう甘くはありませんでした。

2017年は最終節で逆転されて優勝を逃しています。それどころか1つのタイトルも獲得できずに、まさかの無冠。

期待していたレオシルバも、アルビレックス時代を知っているだけに少し残念なシーズンとなってしまいました。

技術は凄いのですが、ボールを奪われるシーンも多くあり「どうしちゃったの?」と思わずにいられませんでした。

ハッシー
まさかサッカー選手としてのピークが終わったとか?

レオシルバはまだまだできるはず!

鹿島アントラーズ1年目のレオシルバは、いい時と悪い時の差が激しく波がある選手でもありました。新潟時代はいつも良かった印象ですが.......。

でも、よくよく考えてみたらレオシルバが鹿島にやってきたときには31歳。サッカー選手としてはベテランの域になります。

鹿島アントラーズはこれまで「モーゼル」「ベベット」という、かつてのスーパースターたちをサッカー選手としてピークが過ぎてから獲得し大失敗した過去があります。

もしかしたらレオシルバもそうなのかも.....。いや、レオシルバはまだできるはずです。

だって同じ鹿島アントラーズの小笠原はもうすぐ40歳。横浜FCのカズはすでに50歳を超えています。

そう考えれば、レオシルバはまだ若い。再びレオシルバが輝いてくれると期待しています。そうすれば必ず、アントラーズは優勝できるはずですから!

ハッシー
もう1度、新潟時代のような輝きを!
スポンサードリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事