スポンサードリンク

2017年に鹿島アントラーズに加入した「レアンドロ」。

2017年はレンタル移籍でしたが、2018年から完全移籍して鹿島の一員となりました。

元ブラジル代表で、国際Aマッチ出場は1試合ながらゴールも決めています。ブラジルやイタリアで活躍し、23歳の若さで鹿島アントラーズにやってきました。

鹿島アントラーズに決定力抜群の助っ人がやってきた!

ここ数年の鹿島アントラーズが獲得した若いブラジル人は、なかなか活躍できていません。しかし、レアンドロは違います。

MFながら、リーグ戦出場23試合で11得点を奪ってみせたんです。FWでも二桁ゴールは凄いのに、MFで11得点ですよ。しかも23試合で。

ハッシー
2試合に1点ペース

レアンドロは、鹿島アントラーズが久しぶりに補強に成功したブラジル人選手でもあるわけです。

Jリーグ特有の素早いサッカーに対応できずボールを奪われることも多いですが、それ以上にレアンドロには決定力という大きな武器があります。

シュートを打てば、高い確率で枠内に飛ばし多くのゴールを量産。レアンドロの決定力のおかげで勝てた試合も数知れません。

レアンドロの決定力の高さには理由があった!?

レアンドロは日本人選手と比べて、どうして決定力があるのか考えてみました。

私なりの考えは「慌てていない」ことかなと思います。

多くの日本人選手たちは、シュートを打つときや自分の前にボールが来ると慌ててしまう傾向にあります。

慌てると必然的にボールが足につかなくなり、シュートミスすることも多くなりがち。その「慌てる」といったことが、レアンドロにはないように思えます。

冷静にゴールキーパーを見て、キーパーのいない場所にシュートを打つから、たくさんのゴールが奪えるのかなと勝手に思っています。

ハッシー
プレッシャーを感じやすい日本人とは、生まれつきメンタルが違うのかも

そしてレアンドロは決定力だけではなく、パスセンスも抜群です。さらにドリブルもうまい!

決定的なパスを出せて、ドリブルがうまく、決定力抜群のシュートも打てる。相手チームからしたらやっかいな選手でしょうね。

ハッシー
味方でよかった~

鹿島アントラーズで久々のハットトリックを達成

レアンドロは、移籍1年目から鹿島アントラーズの中心選手として活躍してくれました。2017年にはアルビレックスとの試合で、ハットトリックも達成しています。

ハットトリックを達成したのは鹿島アントラーズでは5年ぶり。リーグ戦でMFに限ればフェルナンド・野沢そしてレアンドロだけです。

しかもこの試合は、鹿島が0-2でリードされていた試合だったんです。そんな試合でハットトリック。結果4-2で勝利しています。

反撃ゴール・同点ゴール・逆転ゴールでのハットトリックは、25年の歴史を持つJリーグでも初めてのことです。

それでは「レアンドロのハットトリック」を含む、アルビレックス新潟戦のハイライト動画をどうぞ。

ボールの受け方もうまいですね。さすがは元ブラジル代表です。

決定力があって、まだ20代半ばの若いレアンドロ。彼の今後の活躍には、期待しまくるしかないでしょう(笑)

ハッシー
みんなでレアンドロに期待しまくっちゃいましょう!
スポンサードリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事