スポンサードリンク

帝京高校から1998年に鹿島アントラーズにやってきた中田浩二

高校3年のときの、本山率いる東福岡高校と行った雪の決勝戦は語り草となっています。またそのルックスから女性人気も高かったですね。

ここでは中田浩二について紹介していきます。

中田浩二は現役時代どんなサッカー選手だったの?

鹿島アントラーズではボランチ・左サイドバック・センターバックでプレー。

チームに1人は欲しいユーティリティープレーヤーとして活躍します。

どちらかというと中田は守備のイメージが強いですが、チャンスになればゴール前に上がっていきゴールを決めるなど、才能あふれるプレーを連発してくれました。

キックの精度も高くフリーキックでの得点も多かった中田浩二。

中田浩二の左足、小笠原満男の右足、どちらが蹴るか分からないフリーキックは相手チームの脅威だったことでしょう。

ハッシー
上背もあるので、ヘディングでゴールを決めたりもしていましたね

日本代表そしてスイスのバーゼルへ

中田浩二は日本代表でも多くの試合に出ています。2002年と2006年にはワールドカップにも出場。特に2002年はフラットスリーの左側に入って、守備に貢献しました。

2005年~2008年までは海外クラブでプレーをします。フランスのマルセイユ・スイスのバーゼルという世界の強豪クラブでも活躍しました。

特にバーゼル時代は、不動のレギュラーとして大活躍。バーゼルのリーグ優勝に大きく貢献します。

鹿島アントラーズが中田を戻そうとしたときにも、バーゼルは断固拒否。そのくらい中田浩二はバーゼルになくてはならない選手だったんです。

ハッシー
スイスでは中田といえば英寿じゃなくて浩二だったかも……

バーゼルから鹿島へ復帰、現役引退、そしてCRO就任

2008年にバーゼルから鹿島アントラーズに復帰してからはMF・DFとして活躍。数多くのタイトル獲得にも一役買ってくれました。

2014年に現役を引退してからは、鹿島アントラーズのCROに就任。クラブ運営のために毎日忙しく働いてくれています。

テレビに出ることも多く、解説者としても活躍していますね。

ハッシー
中田浩二の解説は分かりやすくて大好きです

中田浩二は多くの女性タレントを虜にさせるプレイボーイ!?

タレントの加藤あいと交際していたことで話題にもなりました。

その後加藤あいとは破局し、タレントの長澤奈央と結婚しています。まさに美男美女のカップル。潮来花嫁さんになった長澤奈央さんは綺麗でしたね~

それでは最後に中田浩二&長澤奈央の「嫁入り舟」の模様をご覧ください。

ハッシー
2人とも和装が似合いますね。というかルックスがいい人はどんなのでも似あうと思うけど(笑)
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
ポチッとしてね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事