鹿島アントラーズとジュビロ磐田のライバル関係
スポンサードリンク

こんにちは。
ハッシー(@shika_blog)です。

今から約20年前のこと。鹿島アントラーズとジュビロ磐田はライバルとしてしのぎを削っていました。

当時のことをちょっと振り返ってみましょう。

当時の鹿島アントラーズ

当時のアントラーズに所属していた主な選手は以下の通りです。

  • レオナルド
  • ジョルジーニョ
  • マジーニョ
  • ビスマルク
  • 長谷川
  • 黒崎
  • 柳沢
  • 平瀬
  • 鈴木隆行
  • 秋田
  • 相馬
  • 名良橋
  • 小笠原
  • 中田浩二
  • 本山

この面子ヤバくないですか?

ブラジル人は全員元ブラジル代表か現役ブラジル代表です。

4バックのうちの3人は日本代表のレギュラーです。さらに長谷川や柳沢などの点取り屋たち。そこに79年組の黄金世代が加わります。

間違いなく歴代アントラーズの最強メンバーが揃っています。

当時のジュビロ磐田

当時のジュビロ磐田の主な選手はこんな感じ。

  • スキラッチ
  • ドゥンガ
  • ゴン中山
  • 高原
  • 服部
  • 藤田
  • 名波
  • 福西

ジュビロ磐田は多くの選手が日本代表でも活躍しました。

そしてスキラッチはW杯イタリア大会の得点王&MVP、ドゥンガは現役ブラジル代表のキャプテンです。

特に2002年のジュビロは、Jリーグの歴史上もっとも強かったのではないかと言う人もいるほど、手が付けられないチームでした。

どっちが強かったの?

ではどっちが強かったのか。まずはタイトルを多く獲得したのはどちらのチームか見てみましょう。

期間は、両者がライバル関係にあり、毎年優勝争いを繰り広げていた1996年から2002年までとします。

タイトル数で比較

鹿島アントラーズ

  • 1996年のJリーグ
  • 1997年のナビスコカップ
  • 1997年の天皇杯
  • 1998年のJリーグ
  • 2000年のJリーグ
  • 2000年のナビスコカップ
  • 2000年の天皇杯
  • 2001年のJリーグ
  • 2002年のナビスコカップ

ジュビロ磐田

  • 1997年のJリーグ
  • 1998年のナビスコカップ
  • 1999年のJリーグ
  • 1999年のアジアクラブ選手権
  • 2002年のJリーグ

タイトル数では鹿島アントラーズが9個、ジュビロ磐田が5個で鹿島アントラーズの勝利です。

勝ち点で比較

続いて勝ち点で比較していきます。ちなみにJリーグだけです。

鹿島アントラーズ

  • 1996年 → 66
  • 1997年 → 68
  • 1998年 → 74
  • 1999年 → 40
  • 2000年 → 55
  • 2001年 → 54
  • 2002年 → 53

ジュビロ磐田

  • 1996年 → 62
  • 1997年 → 66
  • 1998年 → 78
  • 1999年 → 49
  • 2000年 → 55
  • 2001年 → 71
  • 2002年 → 71

7年間のアントラーズの合計勝ち点は410、対してジュビロは452で勝ち点勝負はジュビロ磐田の勝利

結局どっちが強いの?

タイトル数ではアントラーズ、勝ち点ではジュビロ。なので結局のところどっちも強かったというしかありません。

もっと言えば、プレッシャーがそれほどかからない試合はジュビロが強くて、タイトルがかかった試合などプレッシャーがかかる試合ではアントラーズが強いともいえます。

いちばん分かりやすいのは2001年。年間勝ち点ではジュビロが17もリードしてるのに、チャンピオンシップでジュビロを破ったアントラーズが優勝しました。

ハッシー
鹿島アントラーズの勝負強さはこの時点からできあがっていたんですね

ライバル関係にあった7年間で、鹿島アントラーズとジュビロ磐田がタイトルをかけて決勝で戦ったのは4回あります。

  • 1997年のJリーグ
  • 1997年のナビスコカップ
  • 1998年のJリーグ
  • 2001年のJリーグ

この4回では鹿島アントラーズの3勝1敗。1997年のJリーグだけはジュビロに負けてしまいました。惜しかった~

ハッシー
私はいまだにジュビロが相手だと、他のチームと戦うときとは別の感情になります
スポンサードリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事