スポンサードリンク

「ブラジル代表のベベットが鹿島にやってくる」

このニュースを聞いたのは1995年のこと。このときには心臓が飛び出るほど驚いたのを覚えています。

この記事では元鹿島アントラーズのベベットを紹介します。

ベベットにとって最悪のタイミングで起きた2つの出来事

それは1995年。

ベベットが、1994年のアメリカワールドカップでロマーリオと2トップを組んでいた翌年のことです。

このときベベットは31歳でしたが、まだまだ体はキレていました。ベベットが鹿島アントラーズにきたら優勝間違いなしと確信したほどです。

しかし事件は起きます。

1995年1月に阪神淡路大震災。2か月後の3月にはオウム真理教が地下鉄サリン事件を起こします。立て続けに起きた2つの出来事。

これを受けてベベットはこう思います。「日本は危ない」と。

最悪のタイミングで発生した2つの出来事により、現役バリバリのベベットが鹿島アントラーズに来ることは白紙となってしまいました。

ハッシー
歴史に残る大事件・大災害が短期間で起きてしまった。こりゃ確かに怖くなるのも分かります。

2000年にベベットが鹿島にきたときには既に・・・

ベベット獲得を諦めきれないアントラーズは交渉を続け、2000年にベベットを獲得することに成功。

ただこの時のベベットは36歳になっており、現役を引退してもおかしくない年齢だったのです。

体のキレも悪く、昔のベベットを知っているだけにとても残念な気持ちになりました。結果、鹿島アントラーズでは8試合に出場して得点はわずかに1。

ピークのすぎた大物を獲って失敗するのは、モーゼルのときに学んでいたはずだったのに・・・

1995年に鹿島に来ていたらどうなっていたんだろうと今でもたまに考えることがあります。タイミングって大事ですね。

ハッシー
運のいいことに私はベベットの1得点を生で見ることができました。負け試合だったけど……

揺りかごダンスはベベットが生みの親!

知っている人もいるかもしれませんが、揺りかごダンスはベベットが最初なんですよ。

アメリカワールドカップのときに誕生した我が子のために揺りかごダンスをしたことが始まりです。

動画を発見したので見てみてください。

今では多くの選手が、ベベットの揺りかごダンスを真似ていますよね。

ベベットはストライカーとしてもパフォーマー(笑)としても一流の選手だったんです。

何度も言うようですが、1995年に鹿島アントラーズで躍動するベベットを見てみたかった~

ハッシー
ベベット・レオナルド・ジョルジーニョの共演。見たかった~
スポンサードリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事