【ホームゲーム限定】鹿島アントラーズの観客動員数の推移
スポンサードリンク

こんにちは。
ハッシー(@shika_blog)です。

鹿島アントラーズの聖地カシマスタジアム。鹿島のホームはカシスタです。

鹿嶋のホームゲームで行われたJリーグの試合では、どのくらいのお客さんが見に来ているのでしょうか。

ホーム限定ですが、観客の合計と平均入場者数の推移をご覧ください。

年度別ホームゲームの観客動員数

入場者数の推移

ホームゲームの年度別入場者数

これを見るといちばん多かったのは2001年であることが分かります。

カシマスタジアムは日韓W杯で使われる関係で、2001年に15000人規模から4万人規模へと大きくしています。その影響もあり一気に2万人越えを達成したものと思われます。

前年の2000年に3冠を獲得し、2001年にもJリーグで優勝しているので、それも影響しているでしょうね。

逆にいちばん少なかったのは1993年のJリーグ初年度という意外な結果となりました。

とはいえ、このときのカシスタは15000人収容でした。交通の便も今ほどよくありませんし。それを考えれば妥当かなと思います。

ハッシー
私の経験ですがこの時期のチケットはなかなか取れませんでした。なので平均14000人でも満員だったのかもしれません

カシマスタジアムが大きくなってからは2万人越えを3年連続で達成しましたが、その後は徐々に少なくなっていきます。これは単にJリーグの結果が不甲斐なかったからでしょうね。

鹿島アントラーズがJリーグで優勝したのは、1996・1998・2000・2001・2007・2008・2009・2016の8回。

優勝した年、そして優勝した翌年に増えているのが分かります。やっぱりファンは、優勝争いをする鹿島アントラーズが見たいということです。

ハッシー
優勝の瞬間をカシマスタジアムで味わえたらこんなに幸せなことはない!

カシスタの最高入場者数は、Jリーグだと39,684人(2003年の磐田戦)で、チャンピオンシップでは40,115人(2001年の磐田戦)。

4万人を超えたのは2001年のチャンピオンシップだけです。

スポンサードリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事