スポンサードリンク

2006年に清水東高校から鹿島アントラーズに加入した内田篤人。日本代表としても活躍し、今や全国的な知名度となりました。

ここでは鹿島アントラーズの黄金期を支えた内田篤人を紹介します。

内田篤人は鹿島アントラーズの記録を作った!?

なんと内田は、高卒ルーキーで開幕スタメンを勝ち取ります。これは鹿島アントラーズでは内田篤人ただ1人だけが成し遂げた快挙です。

そして17歳11ヶ月22日でプロ初得点を取ります。これもアントラーズの最年少記録です。さらにオールスターでも史上最年少出場を果たしています。

このように華々しくプロデビューした内田篤人。その後も日本代表に選出され2度のワールドカップに出場するなど、サッカー選手としての知名度をどんどん上げていきました。

さらにそのルックスから女性人気が大爆発。テレビ番組にも多く出演するようになり、その知名度はサッカー選手でナンバーワンといっても過言ではありません。

ハッシー
サッカーは知らなくても内田篤人は知ってるって人多そう

内田篤人の恩師はパウロ・アウトゥオリ!?

内田篤人の実力に惚れ込んだのは、2006年から鹿島アントラーズの監督になった「パウロ・アウトゥオリ」。そして2010年ワールドカップ時の日本代表監督「岡田武史」の2人。

この2人が高い評価を内田にしていたことで、多くの試合に出場できたともいえます。そして、試合に出場することでどんどん実力をつけていきました。

特に高校ルーキーの内田を開幕スタメンで使った、パウロ・アウトゥオリには感謝しているでしょうね。

ハッシー
17歳の高卒ルーキーが鹿島の開幕スタメンなんて、当時は信じられませんでした

内田篤人のプレースタイル&経歴

運動量と視野の広さが大きな武器の内田篤人。

ゲームをコントロールする目を持つ内田は鹿島アントラーズに欠かせない選手に成長していきます。

内田は鹿島アントラーズで5シーズン過ごした後に、ドイツのシャルケに移籍します。

シャルケでもレギュラーポジションを獲得し、日本人初となるチャンピオンズリーグベスト4という快挙を達成。

ハッシー
あと2つ勝ってたらヨーロッパチャンピオンだったんです

しかし2015年あたりから、度重なるケガに悩まされ続けます。その影響から試合に出場できなくなっていきました。

そんなときに声をかけたのは鹿島アントラーズ。

内田自身も「最後は鹿島でサッカー人生を終えたい」と語るほど鹿島アントラーズに強い愛着を持ってくれていたこともあり、2018年に鹿島に復帰することになりました。

鹿島アントラーズの歴史を作り続ける内田篤人

鹿島アントラーズに復帰したかつての日本代表「内田篤人」ですが、そう簡単に鹿島のスタメンをとることはできません。

同じ右サイドバックには西伊東という選手が鹿島にはいます。さらにサイドバックとサイドハーフができる安西もいます。

そんな中でもレギュラー争いに勝って試合に出れれば、鹿島アントラーズの武器になることは間違いありません。

たくさんの経験をしてきた内田だけに、勝負への執念はもの凄いはず。その経験をぜひ鹿島アントラーズに吹き込んでほしいですね。

ハッシー
内田と小笠原。この2人はチームに在籍してるだけで価値がある選手です。

内田篤人とともに、新しく生まれ変わった鹿島アントラーズ。去年優勝をかっさらわれた悔しさを、絶対に今季晴らしてくれると期待しています。

そうすれば内田篤人は、鹿島アントラーズのレジェンドとなることでしょう。

内田篤人をもっと知りたい方は、この本なんかいいかも。

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
ポチッとしてね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事