スポンサードリンク

東京ヴェルディの安西選手(22歳)の獲得が決定的となりました。鹿島アントラーズに安西という若手が加わることになりました。

ここでは安西選手のプレースタイルなどを紹介します。

安西と言ってもスラムダンクじゃないよ

恥ずかしながら今日まで安西のことを知りませんでした。安西と言えばスラムダンクに出てくる安西監督しか知りません(笑)。

「諦めたらそこで試合終了だよ」の名言を生み出した安西監督のことです。

ハッシー
やっぱ安西といえばスラダンの安西監督だよね

さて、スラムダンクと同じ苗字の安西。いろいろと調べてみると、結構すごい選手のようですよ。

安西はヴェルディの下部組織から2014年にトップに昇格。そして、昇格1年目から主力として大活躍。

去年(2017年)の東京ヴェルディはJ2で5位でした。「またヴェルディ強くなってきたかな」とのんきに思っていましたが、実はこの安西の活躍が大きいようなんです。

安西は、サイドバックからウイングバック・フォワードまでこなす万能プレーヤーです。持ち味はスピード感抜群のドリブルからの攻撃参加。

この動画を見ていただければわかると思います。

動画では左足でゴールしてますが、安西は右利きの選手です。左右両方でシュートを打てるのは魅力的ですね。

ハッシー
こんなシュート打てる選手がDFもできるなんて。
鹿島のサイドバックが活性化するのは間違いないでしょ!

来年のアントラーズには若くて勢いのある攻撃的な選手が加入してきます。

サイドバックやトップ下の競争がより一層激しくなりそうです。

それにしても安西・三竿兄弟と、ヴェルディの下部組織出身の選手を多く獲るようになりましたね。

それだけヴェルディの下部組織の実力が高いことが分かります。

2018年シーズンは有能な選手を多く獲得して、昨年失敗したターンオーバーを成功させて欲しいものです。

そして新しく加わった鹿島アントラーズの安西幸輝。

「安西と言えばスラムダンクではなく鹿島アントラーズの安西」というのを世に広めるくらい活躍してほしいですね。

ハッシー
これからの時代の安西はスラダンじゃなくて鹿島の安西で決まり!
スポンサードリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事