スポンサードリンク

日本でプロリーグが始まる前の1990年にフジタ(現ベルマーレ)に加入した名良橋晃。

そして1997年に日本代表入りを見据えて鹿島アントラーズに加入しました。

ここでは日本代表としてワールドカップにも出場した名良橋晃を紹介します。

名良橋晃の師匠はジョルジーニョ!?

体は170cmと大きくはありませんが、スピードがあり右サイドバックでドリブル突破を繰り返しました。

同じポジションのジョルジーニョが鹿島にいたことで、かなり多くのものを盗んだらしいです。名良橋自身もジョルジーニョを師と仰いでいます。

それもあり鹿島アントラーズに入団した1年目から、名良橋の活躍もありナビスコカップと天皇杯のタイトルを獲得。

そして翌年の1998年にはJリーグのタイトル獲得にも、名良橋は大きく貢献してくれました。

ハッシー
あまり知られていませんが、ロングスローも名良橋の武器でした

名良橋晃はワールドカップ日本人初ゴールの称号を逃した!?

日本代表に選出されて、フランスワールドカップにも秋田相馬と共に出場しました。

当時の日本代表の4バックは、秋田・相馬・名良橋・井原と鹿島アントラーズの3選手が入っていたんです。

ここまで鹿島の選手を使うなら井原より奥野の方が、コンビネーションはいいと思うのですが・・・

ハッシー
なぜ奥野が代表に入らないのか不思議でなりません

ところでワールドカップで日本人初ゴールは誰かご存知ですか?

答えはジャマイカ戦でゴールを決めたゴンこと中山雅史です。でも実は、名良橋晃が最初のゴールになっていてもおかしくなかったんです。

ジャマイカ戦で、裏に抜け出した名良橋のところにロングボールが入ってきます。

ピンポイントで名良橋に合い、そのままボレーシュート。キーパーは反応できずに見送るだけ。しかし、無情にもボールはポストを叩きます。

これ、めちゃめちゃ惜しかったですよね~。私も見ていて思わず悲鳴を上げてしまったほどです。

これが決まっていれば日本人初ゴールは名良橋だったのに.......。いまさら言っても仕方ありませんけどね。

ハッシー
でもワールドカップで日本人初のポストに当てた選手は名良橋晃です(笑)

名良橋晃は現在なにしてるの?

鹿島アントラーズには2006年まで在籍して、多くのタイトル獲得に一役買ってくれました。

チーム内ではムードメーカーでもあり、とても明るいキャラクターでも知られていますね。

鹿島アントラーズから移籍の際に「自分がつけていた背番号2番は篤人にあげてくれ」と言った話は有名。

同じ右サイドバックの名良橋晃と内田篤人にこのようなエピソードがあったんですね。

鹿島アントラーズ退団後は湘南ベルマーレで1シーズン過ごした後に、引退しました。J1通算310試合、代表キャップは38試合という見事な結果を残してくれました。

サッカー選手引退後は、指導者・解説として現在も活躍しています。

ハッシー
誰かの引退試合にもよく呼ばれて参加してますね

病気という噂は本当なの?

インターネットで検索すると「名良橋晃 病気」とか「名良橋晃 ガン」とかいうキーワードが出てきます。これは穏やかじゃありません!

なぜ病気という噂があるかというと、名良橋が激やせしていることが原因みたいです。

現在の名良橋晃はこんな感じです。

名良橋晃の現在

確かに痩せてます。隣の元ゴールキーパー小島と比べるとよくわかりますね。

でもこれは単なる噂みたいですよ。もともと名良橋は食が細くて、現役時代は仕事と割り切って食べていたらしいんです。

そしてサッカーをやめてからは食べる必要がないので、次第に痩せていったということみたいです。

名良橋は引退後も、多くの引退試合にも参加しているし健康面は問題なさそうですね!

ハッシー
でもこれだけ痩せたらさすがに心配になる……
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
ポチッとしてね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事