スポンサードリンク

こんにちは。
ハッシー(@shika_blog)です。

2月22日に開幕する2019シーズンのJリーグ。待ちに待ったJリーグがようやく始まります。

昨年に引き続き今年も優勝や降格チームをはじめ、1位~18位までの順位を予想してみました。

私はプロでもなんでもなく、普通の鹿島アントラーズが好きなだけの一般人です。そんな普通の人間が順位予想したら、どんなふうになるのか楽しんでもらえれば嬉しいです。

2019年Jリーグの順位を大予想

まずは2018年の最終順位表をご覧ください。

2018年のJリーグの順位

2018年のJリーグの順位表

川崎フロンターレが2連覇。そして我らがアントラーズは3位止まりでした。2019年は下位の柏と長崎がJ2へ落ち、松本と大分がJ1で戦います。

それでは1位から順に予想していきます。ちなみに独断と偏見ですから(笑)

1位 浦和レッドダイヤモンズ 

鹿島アントラーズファンの私が鹿島を1位にしません。なぜなら、私が優勝予想すると去年みたいに外れるからケガ人が多すぎるから。

鹿島を優勝としたかったのですが、ケガ人が多すぎて本来の力を発揮できないと思ったからです。

かわりに1位にしたのは浦和レッズ。オリヴェイラ監督に川崎フロンターレの3連覇を阻止してもらいましょう。

C大阪から杉本、横浜から山中を獲得したのは、かなり大きな補強だと思います。

2位 川崎フロンターレ 

2連覇中の川崎フロンターレは3連覇できないと予想。ただ強いです。かなり強いです。

強い川崎にロンドン五輪得点王のレアンドロ・ダミアンが加入。さらに攻撃力が増しました。

しかし川崎のパスサッカーも、そろそろ対戦相手に研究されて過去2年のようにはできないと思います。浦和と優勝を争って最終的に2位になると予想してみました。

3位 鹿島アントラーズ 

我らがアントラーズを去年と同じ3位予想。

チームの絶対的キャプテン小笠原が引退。DFリーダの日本代表昌子が海外移籍。昨年チーム唯一のベストイレブンでもある西が神戸へ移籍。

その割に補強したのは横浜から伊藤翔、清水から白崎、町田から平戸を戻した以外は高卒や大卒の選手で大型補強はなし

監督も大岩監督のまま変更はなし。ジーコテクニカルディレクターが残っているのは救いですが昨年より戦力はダウンしたと思います。

そして昨年も苦しんだケガ人の多さ。鹿島は紅白戦から激しく行ったり、過密日程の影響からケガ人が他のチームより圧倒的に多いです。

ケガ人が早期復活できて、さらにACLよりJリーグに主力選手が出てくれれば優勝できるかもしれません。

3位に予想しましたが、もちろん優勝できることを心から祈っています!

4位 ヴィッセル神戸

楽天マネーでおなじみのヴィッセル神戸を4位にしてみました。

イニエスタ・ポドルスキに加え、今期は元スペイン代表のエース「ダビド・ビジャ」を獲得。

さらに鹿島から西大伍、C大阪から山口蛍、G大阪から初瀬亮とお金持ちチームの特権を存分に使った大型補強。

タレント性では間違いなく日本一。かみ合えば優勝もあり得ます。ただ補強選手の高齢化は心配でもあり、下位に沈む可能性も大いにあり得ます。

5位 ガンバ大阪

昨年の後半はもの凄い強さを見せたガンバ大阪。そのガンバにロアッソ熊本で活躍した田中達也が加入。

また韓国代表DFキム・ヨングォンも獲得。適材適所の選手を獲得し昨年以上の結果を残すことは間違いなさそうです。

6位 名古屋グランパス

ガンバと同じく昨年の後半戦は強さをみせJ2降格を免れた名古屋。昨年の戦いができれば、6位くらいまでは上がってきそう。

というかこの辺からなんとなくで順位つけてます(笑)

7位 清水エスパルス

川崎フロンターレからエウシーニョを獲得したのは大きいです。

8位 ベガルタ仙台

仙台は鹿島と戦うとき以外は好きなチームなので、1桁順位で終えて欲しいです。

9位 コンサドーレ札幌

昨年は4位と躍進しましたが、三好と都倉が抜けた穴はデカすぎます。

10位 FC東京

昨年終盤の失速を考えれば10位くらいじゃないですかね。久保建英がブレイクしそうな予感はしてます。

11位 横浜Fマリノス

三好の加入は大きいです。でも伊藤翔と山中が退団してしまいました。なので11位ってことで。

12位 松本山雅

昨年のJ2チャンピオンチーム。川崎からエドゥアルド、鹿島から杉本が加入したので残留はできそう。

13位 サンフレッチェ広島

昨年終盤の大失速が頭を離れません。J2に落ちることはないと思いますが、大きく順位を下げるでしょう。

14位 セレッソ大阪

札幌から都倉を獲得したものの、杉本、山村、山口蛍と主力級が退団。厳しいシーズンとなりそうです。

15位 サガン鳥栖

このあたりから残留争いに入ってきます。トーレスと金崎の2トップは強力ですが、日本代表の権田が海外移籍。毎年失点が少ない鳥栖ですが今年は心配。

16位 湘南ベルマーレ

昨年のルヴァンカップ王者ですが下位に沈みそうな予感。なんとなくですが.......。

17位 ジュビロ磐田

昨年はギリギリ降格を免れたジュビロ磐田。にもかかわらず大きな補強はなし。その決断がアダになりそう。

18位 大分トリニータ

過去にはナビスコカップを制した大分トリニータ。その栄冠から一時はJ3まで降格しましたが見事J1に舞い戻ってきました。

しかしJ1は甘くはありません。J1の壁に跳ね返されてしまうと予想しました。

でも個人的には大好きなチームなので、残留できるように応援するつもりです。

まとめ

こんな感じで予想してみましたがどうでしょうか。鹿島アントラーズを優勝予想しない自分に少し苛立ちはありますが、私の予想は外れるので。

私の予想が外れるということは、今年の鹿島の順位は・・・そういうことです。

ただ1位~5位までは、順位の入れ替わりはあるにしても結構自信があります。

浦和・川崎・鹿島・神戸・G大阪の5チームで優勝争いをするんじゃないでしょうかね。

ACLを戦う浦和・川崎・鹿島は、どの試合に主力をもってくるかも難しいと思います。

昨年の鹿島はACLを最優先して見事優勝しました。川崎はJリーグを最優先して優勝しています。

どの大会を優先するのかによって順位は大きく左右されます。鹿島も川崎も浦和も4冠を宣言していますが、どのチームも実現できないでしょう。

そのくらい全ての大会で勝ち続けるのは至難の業なので、私としては鹿島アントラーズが1つでもタイトルをとってくれれば文句は言いません

果たして今年の鹿島はどの大会を優先させるのか。それがJリーグならば嬉しいのですが.......。

スポンサードリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事