鹿島アントラーズvs清水エスパルス(2018年Jリーグ第20節)
スポンサードリンク

こんにちは。
ハッシー(@shika_blog)です。

前節の鹿島はホームでFC東京に敗戦。2位の東京に負けてしまったので、さらに上位陣との差が開いてしまいました。

せめてACLの出場権を得られる3位までに入るためにも、今節のエスパルス戦は負けられない戦いとなります。

鹿島アントラーズのスタメンは?

GK 曽ヶ端準
DF 西・チョンスンヒョン・犬飼・安西
MF 小笠原・レオシルバ・遠藤・永木
FW 金森・鈴木

前節からスタメンが6人も変更になっています(クォンスンテは怪我です)。この暑さで過酷な日程なので致し方ありません。

でも前節ミスを連発してしまった犬飼を残して、町田がベンチになったのにはちょっとびっくりしました。

はじめて鹿島アントラーズの選手として試合に出る、韓国代表のチョン・スンヒョンが楽しみですね。

ハッシー
チョン・スンヒョン鹿島のサッカーにフィットしますように……

鹿島アントラーズvs清水エスパルスを軽く振り返る

前半

蒸し蒸しする暑さの中キックオフ。

前半はお互いに決定機が少ない展開。唯一の決定機は鹿島アントラーズの金森。

相手DFから奪ったボールを持ち込んでGKと1対1になりシュート。しかしシュートが弱く、いとも簡単にGKに止められてしまいました。

鹿島にとっては、守備的な清水に手を焼く前半となりました。

ハッシー
チャンスに決めないと次はないよ金森くん

後半

連戦の疲れからか、鹿島の方は決定機が全く作れません。相手のミスから、いくつかチャンスがありましたが決めきれず。

逆に清水エスパルスにポストを叩くシュートを打たれるなど、どちらかというと清水ペースで試合が進んでいきます。

どちらも得点がないまま、このままスコアレスドローで終わるかと思われた後半ロスタイム。

セットプレーから最後は西がボレーシュートでゴール。アシストはチョン・スンヒョンです。

そしてこのまま試合が終わり、アントラーズが最後の最後に点を決めて勝利。勝ち点3をゲットしました。

ハッシー
西かっけ~~~!!!

試合のハイライト動画はこちらからどうぞ。

鹿島アントラーズの選手を勝手に採点してみた

曽ヶ端準 6 
危ないシーンはあったのの無失点は評価できる

西大伍 6.5
ミスも多かったが決勝点はそれを補って余りある仕事

チョン・スンヒョン 6
鹿島アントラーズで初出場。無難に守備をこなし決勝点のアシストをした

犬飼智也 5.5
ミスはいくつかあったものの得点を許さなかった

安西幸輝 5
何度かいい守備をみせるも攻撃面で迫力なし。クロスの精度も低かった

小笠原満男 5
開始1分でイエローカードを貰ってしまいプレーが縮こまってしまった

レオシルバ 6
攻撃のアクセントを作った。いつものように持ちすぎず、すぐに味方にパスを出していたのは高評価

遠藤康 5.5
久しぶりの実戦の影響か、まわりとのコンビネーションがいまいちだった

永木亮太 5.5
精力的に走り回っていたが決定的な仕事はできず

金森健志 4.5
決定的なシュートを外す。1対1でもやられまくり。フィジカルを鍛えなおした方がよさそう

鈴木優磨 5.5
鈴木にしては珍しくミスが目立った。らしさは随所に見せていたもののシュートまではいけなかった

安部裕輝 5.5
後半21分に小笠原に代わり出場。何度かドリブルで仕掛けるも相手DFを突破できず

土居聖真 6
後半27分に金森に代わって出場してから流れが変わった。土居の存在が鹿島の攻撃を活性化させていた

内田篤人 6
後半41分に遠藤に代わり出場。短い時間だったが無難にこなした。決勝点の場面で西の後ろから狙っていたのはさすが

大岩剛監督 5.5
勝利は評価できるが流れが悪かったので、もっと早い時間に交代策をうってもよかった

ハッシー
私が思うMOMはもちろん西大伍です。金森はちょっと……

エスパルス戦の個人的な感想

このクソ暑い酷暑の中での過密日程。

中3日や中2日という試合が6試合続きましたが、ようやくエスパルス戦をもってひと段落。次の名古屋戦までは1週間開きます。

地獄の6連戦の成績は3勝1敗2分。まずまずの成績で終えました。

ハッシー
ていうか日程考えたヤツ何考えてんの!鹿島を優勝させたくない誰かの悪意が感じられる(怒)

こんな過酷な日程はアントラーズだけです。ACLがあったりとかはありますが、もうちょっとコンディションが近いチーム同士で試合させて欲しいものです。

日程にいろいろ不満はありますが、6連戦の最後を勝利で終えたことはでかいですね。しかも後半ロスタイムに決勝点をとっているので、勢いが出そうな勝利になる予感もします。

エスパルス戦は選手たちの疲れが見えましたが、悪い中でも勝てたのは嬉しいですね。そう考えると、小笠原の存在が大きかったのかもしれません。

テクニカルディレクターに就任したジーコの存在も大きかったのは間違いないでしょう。

ここからのアントラーズはACLの準々決勝を控えます。ジーコが仲間になったことで、新たな助っ人外国人の獲得もされるでしょう。

いよいよ鹿島アントラーズの本領発揮ですね。

ハッシー
ジーコが鹿島に帰ってきた。こんな嬉しいことはない♪

各チームの勝ち点と鹿島の順位

20節終了時点の各チームの勝ち点と、アントラーズの順位を見てみましょう。

ハッシー
台風で延期になっている川崎・札幌・清水・湘南・横浜・名古屋は1試合少ないよ

45 広島

40 東京

36 川崎

30 札幌
29 神戸・鹿島・C大阪
28 浦和・磐田
27 清水
26 湘南・仙台

23 柏

21 長崎
20 横浜

18 鳥栖
17 G大阪
16 名古屋

鹿島アントラーズは6位に浮上。首位の広島との勝ち点差は16。まだまだ遠いです。

ACL圏内となる3位の川崎との勝ち点差は7。とりあえずはここを目指していきたいですね。

そして最下位独走中だった名古屋グランパスが、ここにきて2連勝。まだ最下位ではありますが、降格圏脱出の光が見えてきています。

その名古屋が鹿島の次の相手となります。調子に乗ってきた名古屋だけに、最下位のチームと油断せず心してかかる必要があります。

久々に1週間開くので、いいコンディションで名古屋との戦いに備えて欲しいですね。

ハッシー
次の名古屋戦に勝てば4位になる可能性が!残留争いをしてた頃が懐かしい(笑)
スポンサードリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事