スポンサードリンク

Jリーグ・ACLと2試合引き分け中の鹿島アントラーズは、Jリーグ第6節。アウェイで湘南ベルマーレと対戦します。

アウェイとはいえ湘南は公式戦4連敗中。鹿島もここ数試合いい試合をしていません。鹿島アントラーズの自信を取り戻すには、格好の相手ともいえるわけです。

こんなところで勝ち点を逃すなんて絶対にあってはならない試合となります。

鹿島アントラーズのスタメン発表

鹿島アントラーズのスタメンはこうです。

GK クォンスンテ
DF 西・植田・犬飼・山本
MF 小笠原・三竿・土居・レアンドロ
FW 鈴木・金崎

西がスタメン復帰。伊東・昌子・ペドロは怪我やコンディション不良でベンチ外となっています。

西やレアンドロがようやく戦列に復帰したかと思いきや、また別の選手が怪我をするという悪循環に陥っています。

特に昌子だけは絶対に抜けてほしくなかっただけに、どのくらい長引いてしまうのか心配なところです。

まあでも、今いる選手で何とか戦わなければならないので、このスタメンで頑張ってもらいましょう。

鹿島vs湘南の試合概要

ここでキックオフ。

ここ数試合とは違い、開始直後に攻められることはありませんでしたが、湘南のクロスを犬飼がオウンゴール。開始5分で先制点を奪われてしまいました。

たらればは言いたくはありませんが、昌子だったら確実にヘディングでクリアしている場面でオウンゴール。選手層の薄さが露呈してしまった格好です。

ただ、その2分後に三竿のスルーパスから鈴木がゴール。鈴木の決定力に助けられ、すぐさま同点に追いつく鹿島アントラーズ。

ここからたたみかけて欲しかったところですが、そうもいかず1-1で前半終了。

後半が始まってからも思うようなプレーができません。シュートは何本か打ちますが、決定的なチャンスが作れません。

この試合は、ここ数試合よりはマシな感じはしますが、なんか迫力に欠けるんですよね。ここぞというところで、ミスが出たり連携がかみ合わなかったり・・・

また引き分けで終わるのかと思ったその時、湘南に攻め込まれロスタイムにゴールを決められてしまいました。ゴールと同時にタイムアップ。

うなだれる鹿島アントラーズの選手たち。またこんな姿を見ようとは。もううんざりですよ。

一応、試合のハイライト動画を載せときます。

今の鹿島は歴代最弱の弱さ!

正直言わせてもらいます。

今のアントラーズは弱いです。J2から昇格したばかりの4連敗中のチームに負けるほどに。

もうここまできたら、大岩監督を解任するしかないと個人的には思います。

これから、試合はまだまだ続きます。中2日や中3日で10試合以上も残っているんです。こんなんじゃ、4冠どころか今年も無冠で終わる確率はかなり高いでしょう。

考えてみると、大岩監督はタイトルを獲っていないんですよ。昨年もぎりぎりのところでタイトルを逃しています。これは監督責任じゃないでしょうか。

今シーズンの初めに大岩監督を続投し、大型ストライカーを補強しなかった時点で「ホントに大丈夫?」と思っていました。鹿島アントラーズを信じてはみましたが、結果はこうです。

傷口が広がらないうちに、鹿島のフロントには早く判断してほしいですね。

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
ポチッとしてね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事