スポンサードリンク

ついに2018年のJリーグが始まりました。我らが鹿島アントラーズの初戦は、アウェイで清水エスパルスとの対戦です。

すでにACLは始まっていて1勝1分と負けなしです。この勢いでJリーグも勝ちまくってほしいところ。

清水エスパルス戦の鹿島アントラーズのスタメン

鹿島アントラーズのJリーグ開幕戦を飾るスタメンはこうです。

GK クォンスンテ
DF 内田・植田・昌子・安西
MF 三竿・レオシルバ・遠藤・安部
FW 金崎・鈴木

ACLで水原三星に勝ち、勢いに乗ったままJリーグの開幕を迎えることができました。このスタメンでキックオフ。

鹿島アントラーズ対清水エスパルスを振り返る

前半の鹿島アントラーズは正直いって最悪の出来でした。パスミスが多すぎたんです。そこからカウンターをくらって、決定機を作られもしました。

自ら対戦相手の清水エスパルスに主導権を握らせてしまった感じです。あれだけパスミスやボールロストするアントラーズは、あんまり見たことありません。

4冠を目標に掲げる鹿島アントラーズだけに、不用意なミスはなくす必要があるわけです。エスパルス戦の前半は、大きな課題となりそうです。

そして前半はレオシルバのファールから清水エスパルスにPKのチャンスを与えてしまいました。

確かACLでも、レオシルバのファールからPKをとられましたよね。ちょっとレオシルバのコンディションが心配になっちゃいます。

ACLのときはクォンスンテが、絶妙な反応でPKを止めました。

「その再現となってくれ!」と祈りながら見ていたPKでは、なんと再びクォンスンテが止めてくれたんです。

さすがは韓国リーグで3年連続ベストイレブンをとっただけはあります。曽ヶ端とのポジション争いに勝って、開幕スタメンを果たしたのも頷けるってもんです。

前半はクォンスンテのおかげで0-0で終えることができました。

そして迎えた後半戦。

アウェイながらも優勝を狙う鹿島アントラーズは勝ち点3を狙いに行かなくてはなりません。

前半に比べればミスが減って相手のゴール前まで攻め込むシーンも多くなってきました。後半は前半とは打って変わって、終始アントラーズペースとなったんです。

何度か決定機もありました。しかし得点を奪うことはできません。

試合終了までには1点決めてくれると信じていましたが、残念ながら得点を奪うことができず鹿島アントラーズ対清水エスパルスの試合は0-0でタイムアップ。

勝ち点1しか奪えませんでした。勝てる試合を落としたのは痛いです。のちのち勝ち点2を減らしたことが命取りにならなければいいのですが.......。

この試合のハイライト動画はこちらをご覧ください。

ターンオーバーで臨むと思いきや、4日前の水原戦と11人中10人が同じメンバー。

対戦相手の清水エスパルスよりも日程的に不利なため、コンディションの影響から前半はミスが多発してしまったのかもしれません。

レオシルバはかなり心配

中でも心配になったのはレオシルバ。パスミス・ボールロストが多すぎました。

しかも2試合続けてペナルティエリア内でファールを犯してPKを与えてしまう体たらく。

後半は盛り返して決定機を演出したりもしましたが、ちょっと今のレオシルバを使い続けるのはリスクが高いかなと感じてしまいます。

ベンチには小笠原・永木が控えているので、個人的にはレオシルバが復調するまでは使ってもいいのかなと思います。

鈴木優磨は決定力がいまいち!?クォンスンテはさすがの安定感!

鈴木優磨は何度か決定的なシュートを放ちましたが、結局ゴールを奪うことはできませんでした。動きがいいだけに得点がないのは本人も悔しいとは思います。

でも、鹿島アントラーズのスタメンFWである以上、チャンスはきっちり決めてくれないと困ります。

苦しい時にゴールを決めてこそのエースストライカーですから。鈴木にはもっと決定力を上げてほしいと望みます。

この試合で良かった選手はクォンスンテくらいですね。PKも止めてくれましたし、何度かあったピンチも防いでくれました。

もうクォンスンテ様様です。クォンスンテがいなければ、負けていた試合でしたから。

期待していた安西は、左サイドバック・トップ下・右サイドバックと3つのポジションを手堅くこなしたとは思います。

でも最後の精度がいまひとつ。でも加入したばかりだし、今後に期待ですね。

次はホームの開幕ゲーム。相手はガンバ大阪です。次こそは絶対に勝つぞ!

スポンサードリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事