スポンサードリンク

はやくも2018年のJリーグは12節。今季J1初参戦の、Vファーレン長崎をホームに迎えます。

長崎は前節、首位のサンフレッチェに敗れましたが、そこまでは4連勝をしていた好調なチーム。

対して鹿島は、前節マリノスに0-3で完敗しています。いい試合をしたと思ったら悪い試合をする。非常に波があるのが、今の鹿島アントラーズのチーム状況です。

鹿島アントラーズはもう負けられない

既に首位のサンフレッチェとは、勝ち点差16。まだJリーグは3分の1も終わっていませんが、すでに優勝は絶望的な勝ち点差です。

それどころか、今の鹿島アントラーズの順位は15位。優勝どころか残留を意識するような順位にいるんです。

それでも、多くいたケガ人が少しずつ復活し始めています。そして過密日程(15連戦)も、もうじき終わり中断期間に入ります。

それを考えると残留争いに巻き込まれることはないとは思いますが、優勝争いに絡んでいくのは難しいかもしれません。

なんてったって首位との勝ち点差は16。

過去のJリーグでは勝ち点差14を逆転して優勝したチーム(2014年のガンバ大阪)はありますが、勝ち点差16を逆転したチームはいまだかつてありません。

勝ち点差16を逆転して記録を作ってほしいとは思いますが、現実的に考えるとかなり厳しい。それでも、昌子は「優勝しか考えていない」と言い切っています。

正直私は今年の優勝を諦めていましたが、昌子の言葉を信じてここからの巻き返しを期待しようと思います。

長崎戦の鹿島アントラーズのスタメン

前置きが長くなりましたが、この試合の鹿島アントラーズのスタメンはこうです。

GK 曽ヶ端
DF 内田・植田・昌子・安西
MF 三竿・小笠原・遠藤・中村
FW 鈴木・金崎

曽ヶ端が今季のJリーグ初出場です。ここ数試合の失点の多さを考えて、クォンスンテに代わって出場したのでしょう。そして、昌子もケガから復活してきました。

鹿島vs長崎はどうなった?

キックオフ。

最近の鹿島は前半に失点を重ねる前半病とも言われていました。でも今日の鹿島は違います。

落ち着いて序盤を進め、内田からのクロスを鈴木が見事なヘディングで先制ゴールをゲット。久しぶりに先制点を奪いました。

その後は互角の展開が続きますが、長崎にたった1つのチャンスを決められてしまい1-1。

それでも今日の鹿島アントラーズはバタバタしません。遠藤のドリブル突破からPKを獲得。

このPKを金崎が落ち着いて決めて2-1と勝ち越し。複数得点は今期のJリーグ2回目。

この後もチャンスは作りましたが、追加点を奪えないまま前半終了。そして後半の開始。

後半は前半に比べると、長崎がボールをもつ展開が続きます。そんな中でも、鹿島アントラーズは粘り強い守備を見せ決定機を作らせません。

それどころかカウンターから、何度も長崎のゴールを脅かします。しかし、なかなか追加点がとれない。

一進一退の攻防が続きますが、なんとか逃げ切り2-1で勝利。勝ち点3を掴み取り、順位を2つ上げ13位に浮上しました。

ここで鹿島vs長崎のハイライト動画をご覧ください。

内容はともかく勝利したことが大きい

個人的にはそこまで試合内容がいいとは感じませんでしたが、勝利したことが最大の収穫です。今の悪いチーム状況の中では、勝つことによってしか流れは変わりません。

内容よりも結果が欲しかっただけに、この勝利はかなり大きいです。

曽ヶ端の存在感も凄まじかったし、昌子の植田のセンターバックコンビの息も合っていました。

左サイドバックの安西はコンディションが上がっているように感じます。

右サイドバックの内田が今季はじめて90分フル出場できたのも大きな収穫。内田は多くのチャンスも作りました。

小笠原のゲームコントロールはさすがだし、三竿もそつなくプレー。

遠藤のキープ力にも助けられ、中村も大きなミスなくパスを散らしていました。

そしてFWの鈴木と金崎の点を取りたいギラギラ感は、見ていても楽しくワクワクさせてくれます。この試合では2トップが1点ずつ奪いました。

11人全員が一体となっていると感じられる試合で、これからの鹿島アントラーズに大いに期待が持てます。

次はオリヴェイラ率いる浦和レッズ

今季の鹿島はまだ連勝がないので、まずは次の試合に勝って連勝したいところ。次の試合は中2日でホームに浦和レッズを迎えます。

浦和レッズには鹿島アントラーズを3連覇に導いた「オリヴェイラ」が、監督に就任したばかり。

鹿島のサッカーを知り尽くしたオリヴェイラ。ただ鹿島アントラーズも、オリヴェイラのサッカーは知り尽くしています。

5月5日の子供の日のカシマスタジアムは、スタジアムが真っ赤に染まるのは間違いありません。

レッズに勝って連勝できれば、大きく波に乗れます。レッズ戦のあとには、ACLラウンド16も控えているだけに、是が非でも勝利が欲しい試合です。

オリヴェイラに成長したアントラーズを見せるためにも、レッズを完膚なきまでに粉砕してほしいと願わずにいられません。

今年の子供の日は、楽しみな試合が組まれました。子供たちもたくさんカシマスタジアムに見にくるでしょう。

子供たちの目が輝くようなワクワクする試合をして、鹿島アントラーズが勝利してくれることをみんなで信じましょう!

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
ポチッとしてね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事