スポンサードリンク

こんにちは。
ハッシー(@shika_blog)です。

前節エスパルスに勝利して勢いづく鹿島アントラーズ。でも勢いがあるのは相手も同じ。

今節の相手は最下位ながら、ここ2試合を勝ってきている名古屋グランパスが相手となります。名古屋に乗り込んでの試合。アウェイでも勝ち点3のみを狙う試合になります。

鹿島アントラーズのスタメン

GK 曽ヶ端
DF 西・チョンスンヒョン・犬飼・安西
MF 三竿・レオシルバ・遠藤・永木
FW 土居・鈴木

このようなスタメンが組まれました。チョンスンヒョンは定位置を奪ったと言ってもいいかもしれません。

そして気がかりなのは安部。ここ2試合先発を落ちています。ちょっと心配です。

またベンチには、来季の加入が内定している順天堂大学のMF名古新太郎が入っています。途中からでも見てみたいですね。

名古屋グランパスvs鹿島アントラーズを振り返る

前半

前半はほぼ五分五分という感じ。シュート数こそ鹿島が多かったですが、内容で見ると互角でした。

どちらも決定機がなかなか作れない中、先制ゴールを決めたのはホームの名古屋グランパス。鹿島のパスミスからショートカウンター発動。

鹿島の方はDFはしっかり人数がいたのですが、ちょっとしたズレから前半34分にジョーに決められてしまいました。

結局前半はこのまま終わり名古屋が1点リードして折り返します。

ハッシー
最下位の名古屋にやられてる場合じゃないだろ!

後半

得点を2点取らないと勝てない鹿島が前がかりに攻めていきます。勢いそのままに後半5分に土居がゴール。同点に追いつきます。

しかしそのわずか1分後。再び名古屋に決められ再びリードされてしまいました。鹿島の鈴木優磨がPKを決めて再び同点にするも、名古屋の勢いが止まらず2点取られて万事休す。

最下位の名古屋に4失点。2-4で負けてしまいました。

ハッシー
はぁー……最悪……

試合のハイライト動画はこちらです。

アントラーズの選手たちを採点してみた

曽ヶ端準 5
ミスはなかったもののビッグセーブが1つもなかった。曽ヶ端だけのせいではないが4失点はひどすぎる。点を取られて笑うのはやめて欲しい。

西大伍 5
クロスの精度が低すぎる。

チョン・スンヒョン 3.5
名古屋にやられまくり。守備の対応も悪い。犬飼とのコンビもいまいちでした。

犬飼智也 4 
守備を統率できず。昌子の代役には程遠い。

安西幸輝 3.5 
西よりクロス精度が低い。全てのクロスが合わなかった。1日100本クロス練習すべし。

三竿健斗 4
ミス多発。1失点目は三竿のミスから。

レオシルバ 5.5 
守備で活躍も攻撃はいまひとつ。ミスはなかった。

遠藤康 4.5 
周囲との連携がいまいち。シュートミス連発。

永木亮太 4.5 
効果的な攻撃がひとつも出せなかった。

土居聖真 5.5
ゴールはさすが。それ以外では仕事させてもらえなかった。

鈴木優磨 6 
波がないプレーはさすが。PKも落ち着いていた。攻撃陣全員が鈴木優磨ならいいのに……

安部裕葵 4.5
後半15分から遠藤に代わって出場。途中出場なのに運動量不足。武器のドリブルが見られなかった。

山口一真 4.5
後半37分に永木に代わって出場。ほとんど仕事できず。

名古新太郎 5
後半41分に土居に代わって出場。これだけしか時間がないと仕事できるはずなし。

大岩剛監督 2.5
交代するのが遅すぎる。勝つ気持ちがないんじゃないかと感じた。

ハッシー
私が思う鹿島のMOMは鈴木優磨。ダメダメだったのは安西と大岩監督です。

名古屋戦の感想と鹿島のこれから

スタジアムは4万人以上の名古屋ファンが集まり完全なアウェイ。そんな中でも、鹿島の動きはよくいい入りができていたんです。

でも結局は2-4で完敗。名古屋の勢いに完全にやられた感じです。

ハッシー
サポーターからは試合後大ブーイングでした。ま、当然ですね。

クロス精度は低い。トラップミスはする。シュートは枠に飛ばない。

名古屋戦のシュート数は鹿島24に対し名古屋は10。数打ちゃいいってもんじゃないんです。

ハッシー
全員シュートの打ち方を基礎の基礎からジーコに教えてもらって!

試合後選手たちが言うのは「下を向かずに切り替える」とか「今日出た課題を次の試合では修正する」とかお決まりの言葉が並びました。

毎度毎度負けるたびに同じ言葉の繰り返し。

ハッシー
そんなこと言ってる間にシーズン終わっちまうわ!

最後の最後までJリーグのタイトルを諦めたくはなかったんですけど、こうなってしまっては諦めざるを得ないかなと感じてしまいます。

でも鹿島には天皇杯、ルヴァンカップ。そしてACLもまだ残っているんです。悔しいけど今年のJリーグは捨てて、他の大会に全力を注いでほしいところ。

優勝の可能性が限りなく0に近いJリーグに全力を注ぐなら、他の大会に力を使った方が効率的です。

苦肉の策ですが、来るところまで来てしまいました。ここまで勝てないと仕方がありません。監督を代えるとか、新戦力を補強するとかしない限りは厳しすぎます。

ハッシー
ジーコの力を使ったとしてもJリーグはさすがに厳しいですね

私としてはJリーグは降格しなければOK。その代わりACL・ルヴァンカップ・天皇杯のタイトルを獲る。

今シーズンはこの目標に切り替えるべきだと思います。めっちゃ悔しいけど……

各チームの勝ち点と鹿島アントラーズの順位

Jリーグ21節が終了した時点での暫定の順位・勝ち点を見てみましょう。

ハッシー
川崎・札幌・清水・湘南・横浜・名古屋は台風の影響で1試合少ないです

48 広島

40 東京
39 川崎

32 神戸
31 札幌
30 大阪
29 鹿島・仙台
28 浦和・磐田
27 清水
26 湘南

23 横浜・柏

21 鳥栖・長崎
20 G大阪
19 名古屋

鹿島アントラーズは順位を1つ落とし7位にとどまりましたが、4位以下は団子状態となっています。1試合ごとに順位が大きく変動する可能性があります。

とはいえ首位の広島とは勝ち点差19。ACL圏内の川崎との差も10あります。

現実的に考えると最高でも4位。優勝は果てしなく遠く、夢のまた夢となってしまいました。

ハッシー
優勝を諦めたくはありませんが現実的に考えると無理でしょうね。悔しいけど……

残り試合は13試合。仮に全勝したとしても鹿島の最終勝ち点は68までしか行けません。直近3年間の年間勝ち点1位のチームは70を超えています。

これを考えると今年のJリーグの優勝は不可能と言わざるを得ません。可能性が0になったわけではありませんが、今のアントラーズが13連勝できると思いますか?

もしできたとしても、上位チームに届かない可能性が高いです。悔しいけどここは潔く諦めましょう。

中途半端にJリーグを獲りに行こうとして、他のタイトルがかかる試合に影響があってはなりません。

ここは今年のJリーグは捨てて、ACL・ルヴァンカップ・天皇杯を全力で獲りにいくべきだと個人的には思います。

ハッシー
大岩監督にそんなことできないと思うけど……
スポンサードリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事