スポンサードリンク

こんにちは。
ハッシー(@shika_blog)です。

本日の試合はJリーグ19節。ホームにFC東京を迎えての一戦になります。

FC東京は現在2位のチーム。鹿島アントラーズが優勝を狙うには叩いておかないといけない相手です。

そして鹿島と東京の勝ち点差は8。勝って勝ち点差を5に縮めるか、負けて11に広がってしまうのか。今シーズンの中でも、かなり重要な試合となります。

鹿島アントラーズのスタメン

GK クォンスンテ
DF 西・犬飼・町田・安西
MF レオシルバ・三竿・中村・安部
FW 土居・鈴木

このようなスタメンとなりました。

前節かなり悪かった安西のコンディションが戻ったか心配です。攻撃陣は絶好調なので期待しましょう。

そしてDFの町田は前節得点を決めている乗りに乗っている選手。それもあり、サガン鳥栖から獲得した即戦力「チョン・スンヒョン」はベンチスタートとなっています。

ハッシー
DFは植田が抜けたけど昌子・犬飼・町田・チョンスンヒョンがいれば何とかなりそうかな

鹿島アントラーズvsFC東京の試合を振り返る

前半

キックオフからお互いに譲らず互角の戦いが続きます。あまりチャンスが作れない中、1つのチャンスから先制ゴールを奪ったのはホームの鹿島アントラーズ。

安西がサイドからロングシュートを決めました。クロスかと思いきやキーパーが前に出てるのを見てシュート。安西がさすがのサッカーセンスを見せつけます。

ただ私はゴールの瞬間を見逃しました。DAZNのせいです。突然画面が止まり、再び始まったら決まっていました(怒)

ガッツポーズをし損ねましたが、鹿島のゴールなので大目に見ましょう。

ハッシー
DAZNしっかりしてよ。こんなんじゃスカパーのが良かったわ!

先制したアントラーズですが、先制ゴールからわずか6分後の前半19分に同点に追いつかれてしまいました。犬飼がディエゴ・オリヴェイラに競り負けたことからの失点です。

その後はどちらかというとFC東京ペースで試合が進みましたが、なんとか抑え込み前半は1-1で終了です。

後半

後半は鹿島アントラーズペースになりました。決定機は作れなくても、もう少しのところまでアントラーズは迫っていたんです。

ところがまたしても犬飼のミスから、FC東京に逆転ゴールを決められてしまいました。結局これが決勝点となってしまい1-2で逆転負け。

上位のチームに負けて、2位FC東京との勝ち点差は11。悔しすぎる敗戦となってしまいました。

試合のハイライト動画はこちらをどうぞ。

アントラーズの選手たちを採点してみた

クォンスンテ 5.5
2失点ともノーチャンス。クォンスンテを責めるのはかわいそう。

西大伍 5
躍動感がない。存在感がまるでなかった。

犬飼智也 3.5
2失点とも犬飼のミスからの失点。次の試合から先発を外されるレベルの大きなミスを犯した。

町田浩樹 5
FC東京のディエゴ・オリヴェイラにことごとくやられてしまった。最後はミスが目立った。

安西幸輝 5
点を取ったことは評価できるが、前節と同じくミスが多い。安西がとられて危ないピンチを何度も迎えた。

レオシルバ 5.5
相変わらず危なっかしいプレーだが、ボールをとられず攻撃の起点にもなっていた。

三竿健斗 4.5
ミスが多い。過密日程の中、出場し続けているので疲れが見えた。控えのボランチを使いながら休ませてほしいところ。

中村充孝 5
中村本来のドリブルや仕掛けが見られず。

安部裕葵 4
ボールを持ちすぎて奪われる。パスを奪われる。そしてカウンターを受ける。今日の安部は悪すぎた。

土居聖真 5
見せ場を作れないまま途中交代。

鈴木優磨 5
ファールを受けたように見せかけて倒れすぎ。そこからボールを奪われて何度も危ない場面を作られた。

永木亮太 5
後半16分中村に代えて途中出場。走り回り気持ちは見えたがミスが多かった。

金森健志 5
後半30分安部に代えて途中出場。コーナーからのボレーは決めたかった。

田中稔也 5
後半44分土居に代えて途中出場。田中はJリーグ初出場。期待したが時間が短すぎて、ほとんどボールに触れず。

大岩剛監督 5
連戦は苦しいがホームだし勝ちたい試合を落とした。今季FC東京にはダブルをくらってしまった。

ハッシー
鹿島の選手ではレオシルバがマシだったけど、みんなが悪かった印象を受けました

鹿島アントラーズvsFC東京の感想

中断明け後4試合負けなしでしたが、ここにきて負けてしまいました。調子がよく得点が多く獲れていたのですが、研究されると得点が取れなくなってしまいます。

鹿島アントラーズの勢いが止まってしまった感じがしました。

植田・金崎・ペドロが移籍をして、さらに守備の要の昌子がケガで離脱中。新たに選手補強はしているものの、チームにフィットするにはしばらく時間がかかるでしょう。

Jリーグは残り15試合。たとえアントラーズが全勝したとしても勝ち点は71です。

昨年(2017年)の鹿島アントラーズの勝ち点は72。ということは、1つでも負けたり引き分けたりしたら昨年(2017年)の勝ち点に届かないことになります。

いよいよ追い込まれました。希望はまだACL・ルヴァンカップ・天皇杯が残っていること。

最低でも1つくらいはタイトルが取りたいです。賞金が多いJリーグのタイトルがいちばん欲しかったところですが、ちょっと厳しいと言わざるを得ません。

まだ諦めはしませんが、さすがに厳しすぎます。どのタイトルに力を注ぐのか。過密日程で選手のコンディションも悪いので、そのへんを考えながら今後の試合を戦ってほしいですね。

ハッシー
タイトルをとるには1つの大会に集中すべき。現実を考えるとACLになりそう。

各チームの勝ち点と鹿島の順位

19節終了時点の勝ち点を鹿島アントラーズの順位をお知らせします。

ハッシー
川崎・札幌・清水・湘南・横浜・名古屋は1試合少ないよ

44 広島

37 東京

33 川崎

30 札幌
29 神戸・C大阪

27 浦和・清水
26 鹿島・仙台
25 湘南・磐田

20 横浜・長崎・柏

17 G大阪

15 鳥栖

13 名古屋

鹿島アントラーズは勝ち点を伸ばせず26のまま。順位は9位に後退してしまいました。

今の時点で首位と勝ち点差18は厳しすぎます。せめてACL出場圏内の3位くらいには入ってほしいと期待します。

それすら叶わないなら、絶対にACL制覇して喜ばせてください!

ハッシー
ACLで優勝すれば、Jリーグの体たらくは許してあげてもいいよ
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
ポチッとしてね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事