鹿島アントラーズvsシドニーFC(2018年ACL予選4試合目)
スポンサードリンク

早くも予選リーグ4戦目となりました。

相手は先日アウェイで勝利したばかりのシドニーFC。この試合は鹿島アントラーズのホームゲームなので、絶対に勝利が必要な一戦となります。

しかも勝ち点3を獲得すれば、2試合を残して決勝トーナメント進出が決まるかもしれない試合です。

ケガ人続出のアントラーズからしたら、2試合を残して予選を突破できることは大きな意味を持ちます。是が非でも勝利したいところです。

シドニー戦の鹿島アントラーズのスタメン

鹿島アントラーズのスタメンはこうです。

GK 曽ヶ端
DF 伊東・犬飼・昌子・小田
MF レオシルバ・永木・中村・金森
FW 鈴木・金崎

直近のJリーグの試合からは中2日ということで、スタメン8人を入れ替えたアントラーズ。まあ当然でしょうね。

中でも注目はプロ2年目の小田逸稀。東福岡高校から加入した高卒2年目のDFです。ケガ人が多いうえに過密日程なので、若手が台頭してくればかなり楽になります。

小田にはこの試合で活躍して、ケガをしている選手の穴を埋めてくれることを期待します。

鹿島アントラーズvsシドニーFCを振り返ってみる

キックオフ。

ホームということもあり、積極的に前からガンガンいくのは鹿島アントラーズ。Jリーグとは違い金崎のマークが甘い。

金崎がフリーで受ける機会が多く、多くのチャンスを演出しました。自らロングシュートも打ちましたが、なかなか得点することはできません。

そんな中、チャンスが訪れます。プロ初先発の小田のクロスをDFがクリアミス。

これをダイレクトでゴールに叩き込んだのは、鹿島アントラーズのエース金崎夢生です。欲しかった先制点を奪うことに成功しました。

ここで前半終了。そして後半開始。

シドニーは前半金崎にやられまくったからか、金崎をフリーにさせないようにしてきました。これもあり、金崎にボールが入らなくなります。そして流れはシドニーへ。

ここで耐えられないのが今の鹿島アントラーズ。カウンターからシドニーにゴールを許してしまいます。これで1-1。

絶対に勝ち点3が欲しいアントラーズは、積極的に攻めていきます。

リスク管理ができていないからか、逆にカウンターをくらって危ない場面もしばしば見られました。

結局このままタイムアップ。ホームゲームで勝ち点1という結果に終わってしまいました。

良かった選手・悪かった選手

全体的にはよくボールも回せていたし、良かったと思うのですが終わってみれば引き分けです。う~ん。なかなかうまく行きませんね。

プロ初先発の小田は心配でしたが、個人的には良かったと思います。前半はいまいちでしたが、後半は積極的に仕掛けていきましたし、守備でも貢献してたと思います。

あとはもっと経験を積んで、山本の牙城を崩すところまで成長してほしいですね。

そして鈴木は動きは抜群にいいですが、やっぱりゴールを決められません。シドニー戦のゴールもなんだかんだで金崎ですし。金崎はポジショニングや読みがいいんでしょうね。

金森はたくさん仕掛けて多くのクロスを供給。フリーの場面も多かったのですが、パスが出てきませんでした。金森自身はストレスが溜まったことでしょう。

金崎は攻撃・守備共に抜群に良かったです。先日のサンフレッチェ広島はいまいちでしたが、この試合は良かったです。

やっぱりJリーグだと、金崎にマークがきつくなるので思うようなプレーができないのでしょうね。

ただ金崎にしても鈴木にしても、自分がゴールを決めてやるんだという気持ちの強い選手です。

もちろんいいことなのですが、もう少し周りを使えるようになるとさらに素晴らしい選手になると思います。

この試合でもフリーの選手にパスを出さず、自分でシュートして外すというシーンが2人とも多かったです。いつもシュートではなく、たまにはパスもすると相手DFも嫌だと思うのですが.......。

DF陣では昌子が光っていました。ほぼ完ぺきと言っていい出来で、ことごとく相手の攻撃を跳ね返していました。

パスの精度もよく、日本人では珍しいタイプのDFなのかもしれません。W杯のスタメンは昌子で決まりと個人的には思います。あとはハリルさん次第ですけどね。

そんな中、鹿島アントラーズの中には悪い選手もいました。レオシルバです。いい選手が多い中、どうしてもレオシルバの悪さが目についてしまいました。

時たまドリブルで前に出ていくことはありましたが、ボールロストやパスミスがまだ多いですね。本来もっともっとポテンシャルの高い選手なだけに、ちょっと心配になります。

レオシルバの復活が今後の鹿島アントラーズのカギを握るのかもしれません。

次の試合はJリーグサガン鳥栖

ACL第4戦シドニー戦は引き分けに終わりましたが、内容では確実に勝っていました。これを次のサガン鳥栖戦でも出してほしいところです。

鹿島アントラーズはJリーグでは1勝1敗1分。これでは優勝なんかできません。ケガ人が多く過密日程の上、アウェイの鳥栖戦。とはいえ絶対にアントラーズは勝たなければいけません。

中4日で行われるサガン鳥栖との試合。必ず勝ち点3をゲットして気持ちよく2週間の中断期間に入りたいですね。

スポンサードリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事