スポンサードリンク

鹿島アントラーズの今季公式戦初戦となるACL第1戦。上海申花戦を私なりに振り返ってみます。

鹿島アントラーズのスタメンは?

今季初戦をホームで迎えた鹿島アントラーズ。勢いをつけるためにも、絶対に勝たなければいけない試合です。

鹿島アントラーズのスタメンはこんな感じです。

GK 曽ヶ端
DF 内田・植田・昌子・安西
MF レオシルバ・三竿・遠藤・安部
FW 鈴木・ペドロジュニオール

新戦力の内田と安西を両サイドバックにおいて、ケガをしたレアンドロのところにはドリブラー安部を起用しました。

鹿島アントラーズ対上海申花の試合概要

ワクワクするような布陣で試合開始。

試合が始まったのもつかの間、しょっぱなから上海申花に出鼻をくじかれてしまいます。

植田のクリアミスでコーナーキックにしてしまいます。そのコーナーのこぼれ球をクリアしきれずに上海申花がクロス。

その結果、昌子がマークしていたモレノにヘディングでゴールを決められてしまいました。

モレノは193㎝の長身です。ほとんどジャンプしないでゴールを決められてしまいました。開始3分で失点した鹿島アントラーズ。集中力を欠いていたと言わざるを得ません。

失点してからは多少ピンチはありながらも、ほぼアントラーズがボールを握る展開が続きます。ボールはキープするものの、なかなか決定機を作れないアントラーズ。

じりじりする展開でしたが、後半6分にようやくゴールが生まれます。鈴木のシュートのこぼれ球を遠藤が押し込んで、鹿島アントラーズが同点に追いつきました。

おせおせになるアントラーズ。でも追加点が奪えません。決定機は何度もあるものの、シュートミスやキーパーにとめられるなどして逆転ゴールは最後まで奪えませんでした。

結局、鹿島アントラーズ対上海申花の試合は1-1のドロー。

引き分けという結果は痛すぎる!

ACLはホームで勝ち点3を積み重ねていかないと、グループステージ突破は難しいです。しかも初戦だったので勝ち点3がとれなかったのは痛いです。

圧倒的に攻めてましたし。シュート数は鹿島21本、上海申花は12本。これだけ圧倒したにもかかわらず勝つことができませんでした。

選手は「攻めてたし悪くない結果」「胸を張っていい」「切り替えて次を戦う」と前向きな発言が多いです。

それはいいことなのですが、やっぱりこの引き分けは痛すぎます。

昨年は勝ち点1に泣いたシーズンでした。ACLではアウェーゴールの差で敗れています。勝てる試合を引き分けで終えるか勝ちで終えるかは、雲泥の差があるわけです。

昨年それを痛いほど感じているアントラーズだけに「胸を張っていい」などという言葉が出てくるのは私的には「?」と思ってしまいます。

ハッシー
勝てる試合は確実に勝つ。それが鹿島アントラーズです。甘えをなくして次の試合に臨んでほしい!

鹿島アントラーズの良かった選手・悪かった選手

それから気になったのはペドロジュニオール。なんだかキレが悪かったです。本調子ではないのでしょうか。ちょっと今後に不安が残りました。

逆に良かったのは安西と内田の両サイドバック。内田は90分間フル出場して、決定機も演出していました。

安西もドリブル突破から質の高いクロスを連発。西・伊東・山本とはまた違ったタイプの2人の加入は、鹿島アントラーズの大きな武器になりそうです。

鈴木優磨もゴールこそ奪えませんでしたが、動きは良かったです。途中出場の中村も、惜しいシュートを放つなどの活躍を見せました。

今シーズンのアントラーズは、Jリーグ・ルヴァンカップ・天皇杯・ACLの4つのタイトルを本気で狙いに行くと言っています。

昨年1つも獲れなかったことを考えると、そうたやすい道ではありません。

しかし、4冠すべてとって歴史に名を刻むのはアントラーズしかいないことも確信しています。今年はやってくれると信じて、応援するだけですね。

ハッシー
戦力はそろってる。でもケガだけはしないでね。
スポンサードリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事