スポンサードリンク

我らの誇りの鹿島アントラーズは、2017シーズンのJリーグは惜しくも2位フィニッシュ。

そんな悔しさしか残らなかった2017年のJリーグを簡単に総括してみます。

2017年のJリーグを軽く振り返る

優勝はフロンターレ・J2で去年3位のセレッソが3位・ジュビロの躍進・レッズとガンバの失速など、2017年のJリーグはアントラーズ2位という以外はそれなりに面白かったです。

それにしてもフロンターレの後半戦の強さは群を抜いてましたね。あの攻撃力は本当に凄まじいです。

実際にアントラーズはフロンターレにダブル(ホーム・アウェイで両方負けること)をくらっています。

特に2回目の対戦のときは悔しいけど、フロンターレに完膚なきまでにやられたという印象が強いです。

ハッシー
フロンターレの鬼のようなパス回しは一体なんなの?

来年2018年はあのパスサッカーを封じない限り勝つことはできないから、気合入れて試合に臨んでほしいものですね。

フロンターレの監督は元鹿島アントラーズOBの鬼木。

鹿島時代の鬼木を知ってるだけに「あの鬼木がなぁ~」とつくづく思ってしまいます。鬼木と仲の良かった本田は何を思うのでしょうかね。

去年J2で3位のクラブが、翌年のJ1で3位になるほどの日本のJリーグなので、どのクラブもそれほど差が少ないは間違いありません。

でも中心選手をことごとく持っていかれたアルビレックス新潟にとって2017年は災難の年となってしまいました。

持って行った中にはアントラーズもいるのですが.....(アントラーズはレオシルバを獲得しています)。

ハッシー
アルビレックスさん。ゴメンネ!

そんな感じで終わった2017シーズン。とりあえず順位表を貼っておきます。

これを見てみると、鹿島アントラーズの得点の少なさがどうしても気になってしまいます。

来年は決定力とスピードを兼ねそろえた助っ人(ブラジルにこだわらず)をぜひお願いします。

2017年のJリーグの順位表

さらに詳しい2017年の情報が知りたい方はこちらをご覧ください。

最後の最後に逆転を許してしまった2017年のJリーグ。でもいい経験ができたと考えれば次につながるはず!

ハッシー
次につなげなきゃ意味ないし!頼むよ!
スポンサードリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事