スポンサードリンク

2013年は昨年2012年のシーズンとレギュレーションの変更はありません。

J2に降格したヴィッセル神戸・ガンバ大阪・コンサドーレ札幌が抜けて、昇格組のヴァンフォーレ甲府・湘南ベルマーレ・大分トリニータがJ1で戦うことになります。

鹿島アントラーズはジョルジーニョ監督が昨季限りで監督終了。代わりに監督になったのはトニーニョ・セレーゾです。8年ぶりにセレーゾが監督に復帰です。

ここでは2013年の鹿島アントラーズの順位などを紹介します。

Jリーグ

2013年Jリーグの年間順位表

対戦相手 H/A 勝敗 スコア 得点者
1 鳥栖 A 1-1 大迫
2 仙台 H 3-2 ダヴィ2・大迫
3 広島 A 0-0  
4 大宮 A 1-3 ダヴィ
5 C大阪 H 1-0 遠藤
6 大分 A 3-2 柴崎・野沢・大迫
7 甲府 H 0-0  
8 新潟 A 3-2 柴崎・ダヴィ・山村
9 横浜FM A 1-1 野沢
10 湘南 H 1-0 ダヴィ
11 浦和 A 1-3 野沢
12 名古屋 H 3-1 遠藤・中村・大迫
13 F東京 H 3-2 大迫2・OG
14 川崎 A 2-4 大迫・梅鉢
15 清水 H 3-1 ジュニーニョ・青木・野沢
16 A 1-2 ダヴィ
17 磐田 H 1-1 ダヴィ
18 名古屋 A 1-3 大迫
19 大宮 H 1-0 遠藤
20 仙台 A 1-2 中村
21 新潟 H 1-0 大迫
22 横浜FM H 2-1 大迫2
23 清水 A 3-4 大迫2・山村
24 H 3-1 大迫・ジュニーニョ2
25 甲府 A 0-3  
26 磐田 A 3-2 土居・ダヴィ・梅鉢
27 大分 H 3-1 遠藤2・ダヴィ
28 F東京 A 4-1 遠藤・ダヴィ・小笠原・大迫
29 浦和 H 1-2 大迫
30 川崎 H 4-1 土居・大迫・山村・遠藤
31 湘南 A 2-1 小笠原・大迫
32 鳥栖 H 1-2 青木
33 C大阪 A 2-1 大迫・中村
34 広島 H 0-2  

サンフレッチェ広島の2連覇で幕を閉じています。

2013年の鹿島アントラーズは最後まで優勝争いに絡みました。最終節はサンフレッチェとの直接対決で、勝利すれば優勝の可能性もあったんです。

しかもホームで戦えることもあり、鹿島アントラーズ有利と思われていました。

しかし結果は0-2で敗戦。ここぞというときに勝てない、鹿島アントラーズの悪い癖が出てしまいました。この試合に負けたアントラーズは最終的には5位で終えています.......。

ハッシー
アントラーズはいつからこんなに勝負弱くなっちゃったの?

J2に降格するのは、湘南ベルマーレ・ジュビロ磐田・大分トリニータです。

ナビスコカップ

対戦相手 H/A 勝敗 スコア 得点者
予選 F東京 H 2-4 大迫・ダヴィ
予選 鳥栖 H 1-0 本山
予選 新潟 A 2-1 ダヴィ2
予選 名古屋 H 1-0 ジュニーニョ
予選 大分 A 1-0 大迫
予選 C大阪 A 1-2 ダヴィ
準々決勝 横浜FM H 0-2  
準々決勝 横浜FM A 1-3 ダヴィ

鹿島アントラーズは予選こそ突破しましたが、準々決勝で横浜マリノスに敗れてしまいました。

天皇杯

対戦相手 H/A 勝敗 スコア 得点者
2回戦 ソニー仙台 H 3-0 山村・野沢・遠藤
3回戦 京都 H 2-1 遠藤・ダヴィ
4回戦 広島 H 1-3 伊東

2013年の天皇杯は4回戦でサンフレッチェ広島に負けてしまいました。

この年の鹿島アントラーズは、Jリーグだけでなく天皇杯でもサンフレッチェに苦杯を舐めさせられてしまいました。悔しい~~~

スルガ銀行チャンピオンシップ

対戦相手 H/A 勝敗 スコア 得点者
- サンパウロFC 3-2 大迫3

鹿島アントラーズはサンパウロに競り勝ち、この大会連覇達成です。名門ブラジルのサンパウロに勝ってのタイトルなので、大きな価値があります。

ハッシー
イェーイ連覇ー!めちゃめちゃ小さい大会だけど……

2013年まとめ

Jリーグ・・・5位
ナビスコ・・・ベスト8
天皇杯・・・ベスト16

スルガ銀行チャンピオンシップ・・・優勝

スルガ銀行のタイトルは獲ったものの、国内三大タイトルは無冠に終わりました。鹿島アントラーズが無冠でシーズンを終えるのは実に7年ぶりです。

毎年必ず1つはタイトルを獲っていたのが、ついに途絶えてしまいました。来年に期待するしかありませんね。

ハッシー
というか6年連続でタイトルを取ってたことが凄いっしょ!

2013年に加入した鹿島アントラーズの選手は下の記事をご覧ください。

2013年には植田などがアントラーズの仲間に加わっています。

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
ポチッとしてね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事