スポンサードリンク

2011シーズンは昨年からのレギュレーションの変更点はありません。

ただ東日本大震災の影響から、夏場の中断期間がなくなり平日開催となる試合も多かったのが2011年です。

J2に降格したFC東京・京都サンガ・湘南ベルマーレが抜けて、柏レイソル・ヴァンフォーレ甲府・アビスパ福岡の昇格してきた3チームがJ1で戦うシーズンです。

Jリーグ

2011年Jリーグの年間順位表

対戦相手 H/A 勝敗 スコア 得点者
1 大宮 H 3-3 伊野波・岩政・OG
2 清水 A 0-0  
3 新潟 H 1-2 野沢
4 名古屋 A 1-2 大迫
5 仙台 H 3-0 増田・野沢・田代
6 A 1-2 田代
7 横浜FM H 0-3  
8 福岡 A 2-1 大迫・岩政
9 C大阪 H 2-1 大迫・増田
10 G大阪 H 1-4 増田
11 川崎 A 2-3 遠藤・カルロン
12 浦和 A 2-2 西・増田
13 広島 A 1-2 興梠
14 山形 A 2-0 興梠・岩政
15 甲府 H 0-1  
16 磐田 H 2-0 興梠・田代
17 神戸 A 1-0 田代
18 川崎 H 2-2 田代・中田
19 C大阪 A 3-1 田代2・小笠原
20 山形 H 3-1 野沢・大迫・新井場
21 仙台 A 1-0 フェリペガブリエル
22 広島 H 2-0 岩政・野沢
23 甲府 A 1-1 田代
24 福岡 H 6-0 田代・遠藤2・岩政・中田・田代
25 新潟 A 2-2 岩政・田代
26 名古屋 H 1-1 増田
27 浦和 H 0-0  
28 H 0-1  
29 磐田 A 2-1 田代・OG
30 神戸 H 1-1 野沢
31 G大阪 A 0-1  
32 大宮 A 1-1 興梠
33 清水 H 3-0 フェリペガブリエル・野沢・アレックス
34 横浜FM A 1-1 大迫

J1に昇格してきたばかりの、柏レイソルがJリーグ初優勝しました。

鹿島アントラーズは被災地として意地を見せたいところでしたが、残念ながら6位という結果に終わってしまいました。

ACLの出場権も逃してしまったのは、ちょっと痛いです。

同じ被災地のベガルタ仙台は快進撃を見せ、2011年のJリーグ4位という好成績を残しています。東北の人たちに勇気を与えるベガルタ仙台の活躍でした。

ハッシー
2011年の鹿島は僅差の試合を勝ちきれずに、負けたり引き分けたりした印象が強いです

降格はヴァンフォーレ甲府・アビスパ福岡・モンテディオ山形となっています。

ナビスコカップ

対戦相手 H/A 勝敗 スコア 得点者
準々決勝 横浜FM H 3-2 興梠・大迫・田代
準決勝 名古屋 A 2-1 大迫・柴崎
決勝 浦和 A 1-0 大迫

2011年のナビスコカップでは浦和レッズを1-0で破り、鹿島アントラーズが優勝しました。

これでナビスコのタイトルは4度目になります。このタイトルは、震災で疲れ果てた茨城県民の心を奮い立たせてくれました。

決勝戦の動画はこちらです。

ハッシー
このタイトルは本当に力になりました。もうちょっと頑張ってみようという気持ちにさせてもらえました。ありがとう!

天皇杯

対戦相手 H/A 勝敗 スコア 得点者
2回戦 筑波大学 2-0 田代・大迫
3回戦 富山 2-1 興梠・野沢
4回戦 京都 0-1  

天皇杯では4回戦で、京都サンガに敗れてしまいました。

ACL

対戦相手 H/A 勝敗 スコア 得点者
予選 上海申花 A 0-0  
予選 水原三星 A 1-1 中田
予選 シドニーFC A 3-0 野沢・フェリペガブリエル・興梠
予選 水原三星 H 1-1 田代
予選 上海申花 H 2-0 興梠2
予選 シドニーFC H 2-1 大迫・野沢
1回戦 FCソウル A 0-3  

予選は無敗で勝ち上がりましたが、決勝トーナメント1回戦で負けてしまいました。またも決勝トーナメント1回戦敗退です。

鹿島アントラーズは予選は勝てるけど、決勝トーナメントは勝てない。この負の連鎖は、いつまで続くのでしょうか。

ハッシー
またラウンド16で敗退……

スーパーカップ

対戦相手 H/A 勝敗 スコア 得点者
- 名古屋 1-1(1-3) 野沢

鹿島アントラーズ対名古屋グランパスの戦い。PK戦の末、惜しくも敗れてしまいました。

ハッシー
3連覇ならず……

2011年まとめ

Jリーグ・・・6位
ナビスコ・・・優勝
天皇杯・・・ベスト16

ACL・・・ベスト16
スーパーカップ・・・準優勝

震災のあった年、ナビスコカップを制して通算タイトル数を15と伸ばしました。5年連続タイトルを獲得して、勝負強さを見せつけてくれました。

でも、なかなかアジアの大会では勝てないですね。

ガンバとレッズがACL優勝しているので、そこに鹿島アントラーズがいないのは悔しすぎます。ACLも本気で獲りに行ってほしいところです。

ハッシー
JリーグとACLを同じ年に制したチームはいまだなし。歴史を作るのは鹿島アントラーズだ!

2011年に加入した鹿島の選手が気になる方は、関連記事を見てみてください。

2011年の鹿島には昌子・柴崎・土居といったプラチナ世代が加入しました。

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
ポチッとしてね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事