スポンサードリンク

ワールドカップ南アフリカ大会で日本がベスト16に入った2010年。バンクーバーオリンピックも盛り上がりましたね。

IPhoneをはじめとするスマートフォンが大ヒットし始めたのも、2010年からでした。今までの携帯電話はガラケーと呼ばれ、時代遅れにならないように無理にスマホに変えたことを思い出します(笑)

このような出来事があった2010年には、鹿島アントラーズにどのような選手が入団してきたのでしょうか。

2010年には鹿島アントラーズに5人が入団

佐藤昭大

サンフレッチェ広島から移籍してきたGK。曽ヶ端からポジションを奪った時期もあったのですが、数試合後またポジションを奪い返されています。現在はロアッソ熊本でプレーしています。

八木直生

鹿島アントラーズユース出身のGK。199cmという恵まれた体格を持っていたのですが、残念ながら出場することなく現役を引退してしまいました。

イ・ジョンス

京都サンガから移籍してきたDF。

ジウトン

アルビレックス新潟から移籍してきたDF。

フェリペ・ガブリエル

ブラジル出身のMF。鹿島では47試合に出場して4得点を挙げています。現在はブラジルのヴァスコダガマに在籍しています。


2010年のアントラーズには、5人の選手が加入しました。

この年はGKを2人も獲っています。曽ヶ端の年齢を考えてのことでしょう。しかしポジションを譲らない曽ヶ端。曽ヶ端の壁は本当に分厚いですね。

ハッシー
マジで分厚すぎるぜ~

2010年の鹿島アントラーズのデータは下の記事をご覧ください。

昨年までで3連覇を達成しているアントラーズ。4連覇を目指すことになるシーズン。果たして快挙は達成できたのでしょうか。

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
ポチッとしてね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事