スポンサードリンク

北京オリンピックが開催された2008年。赤坂サカスがオープンしたのもこの年です。「なんも言えねえ」「グ~」が流行語になったのも2008年の出来事です。

2008年には、鹿島アントラーズにどんな選手が加入したのでしょうか。さっそくご覧ください。

2008年の鹿島には逆輸入選手が加入

川俣慎一郎

鹿島ユースから昇格したGK。鹿島アントラーズ一筋11年ですが、なかなか曽ヶ端の牙城を崩せずにいます。

伊野波雅彦

FC東京から移籍してきたDF。移籍してきてすぐにレギュラーポジションをつかみました。岩政とのコンビネーションも抜群で、日本代表でも21試合に出場しています。現在はヴィッセル神戸に在籍しています。

笠井健太

ブラジルのパウリスタから加入した逆輸入選手。期待されましたが鹿島アントラーズでの出場は果たせませんでした。

マルシーニョ

ブラジル出身のMF。

鈴木修人

早稲田大学から加入してきたMF。現在は引退し、明治学園大学で監督をしています。


2008年の鹿島アントラーズは5人の選手たちを獲得しました。即戦力は伊野波くらいなので、昨年の優勝メンバーを中心に戦うという姿勢が見えます。

ハッシー
笠井にはちょっぴり期待してたんですけどね……

この年の鹿島アントラーズのデータは下の記事を参考にしてみてください。

昨年の2007年は大逆転で歴史に残る優勝を成し遂げた鹿島アントラーズ。オリヴェイラ体制の2年目となるシーズンはどうだったのでしょうか。

スポンサードリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事