スポンサードリンク

ワールドカップドイツ大会が行われた2006年。ちなみにこの時の監督はジーコが務めています。トリノ五輪で荒川静香さんが金メダルをとったのもこの年ですね。

そんな2006年にはどのような選手が、鹿島アントラーズに入団したのでしょうか。

2006年の鹿島アントラーズに内田篤人が入団!

内田篤人

鹿島アントラーズのみならず日本代表でも活躍した右サイドバック。ドイツのシャルケではチャンピオンズリーグベスト4まで上り詰めました。今季2018シーズンからは鹿島に復帰!

ファビオ・サントス

ブラジルのサンパウロから移籍してきたDF。DFながら20試合で3得点を挙げています。

ダ・シルバ

ブラジル出身のMF。

大道広幸

鹿島アントラーズユース出身のMF。鹿島在籍時には酒気帯び運転で検挙され、謹慎していた時期もあります。

佐々木竜太

鹿島学園高校から加入したストライカー。鹿島では途中出場が多かったですが、限られた時間の中でもゴールを決める決定力の高いFWでした。高校時代には鹿島アントラーズの地元でもある鹿島学園を全国ベスト8まで導いています。


2006年は5人の選手を獲得した鹿島アントラーズ。この中でも内田は高卒ルーキーながら、開幕スタメンを果たしています。

ハッシー
個人的には地元の鹿島学園出身の佐々木を応援してました

2006年の鹿島アントラーズのデータは以下の記事を参考にしてみてください。

6年に及ぶトニーニョセレーゾ体制に終止符を打ったアントラーズ。

パウロアウトゥオリ監督を迎えてのシーズン。いったいどのような成績を収めたのでしょうか。

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
ポチッとしてね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事