スポンサードリンク

2005年から1シーズン制が始まりました。1996年に1度だけ1シーズン制で戦いましたが、それ以来のことです。

今後のJリーグはしばらくの間、1シーズン制で戦うことになります。

また2005年から、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)が始まりました。今までいくつかあったアジアのクラブチームの大会が、1つに統一された年でもあります。

そしてJ1のチーム数は、昨年より2チーム増えて18チームになりました。この年に昇格してきたのは、大宮アルディージャと川崎フロンターレです。

Jリーグ

2005年Jリーグの年間順位表

対戦相手 H/A 勝敗 スコア 得点者
1 浦和 A 1-0 鈴木
2 G大阪 H 2-2 アレックスミネイロ・フェルナンド
3 A 3-1 フェルナンド・アレックスミネイロ2
4 広島 A 1-0 野沢
5 大宮 H 2-0 野沢・小笠原
6 千葉 A 4-2 小笠原2・岩政・アレックスミネイロ
7 磐田 H 2-1 深井・小笠原
8 神戸 A 2-0 本山・野沢
9 C大阪 H 0-1  
10 F東京 A 2-0 本山2
11 東京V H 2-1 増田・田代
12 新潟 A 2-2 鈴木・小笠原
13 清水 H 2-1 アレックスミネイロ2
14 横浜 A 1-2 岩政
15 川崎F H 2-0 フェルナンド・小笠原
16 名古屋 A 0-3  
17 大分 H 1-1 岩政
18 大宮 A 2-0 野沢2
19 広島 H 1-2 アレックスミネイロ
20 新潟 H 7-2 本山・羽田・小笠原2・新井場・アレックスミネイロ・野沢
21 東京V A 0-2  
22 浦和 H 2-2 小笠原・アレックスミネイロ
23 川崎F A 1-2 鈴木
24 神戸 H 4-0 アレックスミネイロ・深井2・野沢
25 G大阪 A 3-3 小笠原2・アレックスミネイロ
26 千葉 H 2-2 アレックスミネイロ2
27 磐田 A 1-1 増田
28 名古屋 H 1-0 本山
29 C大阪 A 0-0  
30 F東京 H 1-1 岩政
31 大分 A 1-1 アレックスミネイロ
32 横浜 H 0-2  
33 清水 A 2-2 野沢・深井
34 H 4-0 野沢2・アレックスミネイロ・本田

2005年のJリーグはガンバ大阪の初優勝で幕を閉じました。

鹿島アントラーズは、一時2位に勝ち点差10をつけて独走状態だったんです。しかし、終盤勝ち点を伸ばせずに下のチームに追いつかれてしまいました。

アントラーズの残り14試合は、3勝3敗8分。終盤これでは優勝は厳しいです。最終節まで優勝できる可能性はありましたが、最後はガンバに持っていかれてしまいました。

ハッシー
最終節で勝っても遅いっちゅうねん!

セレッソ大阪は最終節前には首位で唯一自力優勝できるチームでしたが、後半ロスタイムに同点に追いつかれて優勝を逃しました。

セレッソが5位で終わっているのは、それだけ混戦状態だったという証拠です。

2005年は優勝勝ち点が60という史上最低の勝ち点です。なので、このような混戦になったのだと思われます。

それから大分トリニータも注目です。途中までは、J2降格濃厚と言われたほど不振が続いていました。しかし監督が代わってから息を吹き返し、見事残留を果たします。

それどころか、監督交代後は7勝2敗3分。見事な数字を残します。これは監督の名にちなんで「シャムスカマジック」と言われています。

J2にはレイソル・ヴェルディ・ヴィッセルが落ちることになりました。あのヴェルディがJ2に落ちるとは数年前、誰が予想したでしょうか。

鹿島アントラーズはヴェルディ川崎の二の舞にならないようにフロント・スタッフ・選手に頑張ってもらうしかありません。

ハッシー
なんだかんだ言ってもすぐJ1復帰すると思っていましたが、今ではすっかりJ2の常連クラブに。怖い……

ナビスコカップ

対戦相手 H/A 勝敗 スコア 得点者
予選 清水 A 1-1 フェルナンド
予選 名古屋 H 2-1 フェルナンド・アレックスミネイロ
予選 C大阪 H 1-3 増田
予選 名古屋 A 0-1  
予選 清水 H 3-3 岩政2・興梠
予選 C大阪 A 0-2  

鹿島アントラーズは予選すら突破できずに終えてしまいました。

天皇杯

対戦相手 H/A 勝敗 スコア 得点者
4回戦 ホンダロック 7-0 OG・増田3・野沢・石川・中島
5回戦 大分 3-0 フェルナンド・アレックスミネイロ・本山
準々決勝 大宮 0-1  

準々決勝で大宮アルディージャに敗れ去りました。

2005年まとめ

Jリーグ・・・3位
ナビスコ・・・予選敗退
天皇杯・・・ベスト8

Jリーグは惜しすぎました。独走状態のまま突き進むと思ったのですが.......。残念です。

1シーズン制の長丁場を乗り切るには、年間通してどのような戦い方をすればいいかを考えさせられるシーズンでした。

この年もタイトルは獲れず、まさかの3年連続の無冠です。

ハッシー
優勝争いに絡むもタイトルは獲れず……。残念!

2005年に鹿島アントラーズに加わった選手はこちらをご覧ください。

2005年の鹿島には田代や興梠が加わっています。

スポンサードリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事