スポンサードリンク

ディズニーシー・USJがオープンした21世紀の始まりでもある2001年。小泉内閣誕生や愛子様誕生もこの年です。

そんな2001年には、鹿島アントラーズにどんな選手が加入したのでしょう。ご覧ください。

2001年に鹿島アントラーズに入団したのはたったの3人

青木剛

鉄人と呼び声の高い青木が加入したのは2001年です。ルーキーのときから試合に出続け、大きな怪我をすることなくJ1で400試合出場という大記録を打ち立てています。2016年に惜しまれつつサガン鳥栖へと移籍していきました。

阿江孝一

ガンバ大阪から移籍してきたGK。

アウグスト

左サイドバックとして活躍。日本人とは違ったリズムのドリブルで相手を翻弄しました。シュートセンスも高くサイドバックながら多くの得点を決めています。


2001年には3人の選手が加入しました。かなり少ない年だったんですね。

それにしてもアントラーズはGKをよく獲りますね。獲得するキーパーは多いけど、そのたびポジションを譲らない曽ヶ端もまた凄いんですけど。

ハッシー
絶対にポジションを譲らない曽ヶ端準

2001年の鹿島アントラーズのデータは下の記事から見れるので参考にしてみてください。

21世紀最初の王者に輝くのは、どのチームなのでしょうか。

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
ポチッとしてね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事