1994年に加入した鹿島アントラーズの選手を紹介
スポンサードリンク

1994年といえば記録的な猛暑があった年です。水不足が深刻になり水の大切さを学んだ年です。

そしてイチローが大活躍してプロ野球界の人気が盛り上がったのも1994年です。

そんな1994年に、鹿島アントラーズに加入した選手たちを紹介していきます。

1994年は現役ブラジル代表が鹿島アントラーズ入り

レオナルド

伝説の貴公子ことレオナルド。現役のブラジル代表が鹿島アントラーズにやってきました。リフティングで相手をかわしてゴールを決めるプレーはJリーグを語るうえでは欠かせません。

相馬直樹

早稲田大学からやってきた左サイドバック。アントラーズの左だけじゃなく日本の左としても大活躍。鹿島アントラーズの優勝と日本のワールドカップ出場に貢献してくれました。

熊谷浩二

鹿島アントラーズのボランチとして相手のキーマンをことごとくつぶしました。3冠のときのレギュラーメンバーでもあります。引退後は鹿島アントラーズのスカウトやユース監督として活躍しています。

森岡隆三

アントラーズでは芽が出ませんでしたが、移籍先のエスパルスで才能を開花させた男。その後は、日本代表としても活躍しています。

小川正己

エジーニョ

橋本研一

鹿島アントラーズ初の茶髪プレイヤー!?


1994年の鹿島アントラーズのデータや記録は下の記事をご覧ください。

Jリーグ初年度を悔しい形で終えたアントラーズ。2年目のシーズンはどうだったのでしょうか。

スポンサードリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事