スポンサードリンク

いよいよJリーグ2年目が始まりました。1993年と同じように、勝ち点制ではなく勝利が多いチームが優勝となります。

そして1994年にジュビロとベルマーレが加わって、合計12チームでリーグ戦を戦います。

鹿島アントラーズの貴公子レオナルドが加入したのはこの年です。現役バリバリのブラジル代表が鹿島アントラーズに加入した時には、びっくりしましたね。

1994年は宮本監督の2年目のシーズンでしたが、ニコスシリーズ(現セカンドステージ)からエドゥー監督に交代。

エドゥーはジーコの実のお兄さんです。それと入れ替わるように、ジーコが現役を引退したのもこの年です。

オブリガード  ジーコ

Jリーグ

サントリーシリーズ

1994年サントリーシリーズの順位表

対戦相手 H/A 勝敗 スコア 得点者
1 磐田 1-0 長谷川
2 V川崎 2-1 サントス・アルシンド
3 横浜M 1-0 アルシンド
4 清水 3-2 長谷川2・黒崎
5 市原 3-2 黒崎2・アルシンド
6 広島 0-2  
7 名古屋 1-2 秋田
8 G大阪 3-2 長谷川2・橋本
9 横浜F 0-1  
10 浦和 4-2 黒崎・長谷川・アルシンド2
11 平塚 3-1 アルシンド2・長谷川
12 V川崎 0-3  
13 横浜M 2-1 アルシンド2
14 清水 3-3(4-3) サントス・アルシンド2
15 市原 1-2 長谷川
16 広島 0-2  
17 名古屋 2-1 サントス・アルシンド
18 G大阪 3-1 サントス・ジーコ・吉田
19 横浜F 3-2 アルシンド2・増田
20 浦和 4-1 長谷川・アルシンド2・ジーコ
21 平塚 4-0 アルシンド2・ジーコ2
22 磐田 2-1 秋田・ジーコ

鹿島アントラーズは惜しくも3位。サンフレッチェ広島が1994年のサントリーシリーズの優勝をさらっていきました。

この時、広島の選手が優勝カップを落として割ってしまうというハプニングもありましたね(笑)

ハッシー
はしゃぎすぎて優勝カップを割った選手。
天国から地獄に突き落とされたような顔してました(笑)

試合結果を見ても分かりますが、優勝できなかったものの1994年の鹿島アントラーズはたくさん得点を取っていたことが分かりますね。

ニコスシリーズ

1994年ニコスシリーズの順位表

対戦相手 H/A 勝敗 スコア 得点者
1 磐田 2-2(2-4) アルシンド・秋田
2 V川崎 2-2(4-5) 黒崎・レオナルド
3 横浜M 2-2(3-4) 長谷川2
4 清水 1-2 アルシンド
5 市原 4-1 アルシンド・レオナルド2・長谷川
6 広島 1-0 長谷川
7 名古屋 4-2 長谷川・レオナルド・増田・アルシンド
8 G大阪 1-0 レオナルド
9 横浜F 1-2 長谷川
10 浦和 2-0 レオナルド2
11 平塚 1-3 黒崎
12 V川崎 1-2 長谷川
13 横浜M 2-1 石井・黒崎
14 清水 1-3 黒崎
15 市原 0-1  
16 広島 4-2 長谷川・黒崎・アルシンド2
17 名古屋 3-3(5-4) 増田2・長谷川
18 G大阪 1-2 秋田
19 横浜F 2-0 内藤・長谷川
20 浦和 4-2 増田・黒崎・アルシンド2
21 平塚 3-1 増田・長谷川・アルシンド
22 磐田 2-3 アルシンド・長谷川

1994年のニコスシリーズは、去年に引き続きヴェルディが制しました。

鹿島アントラーズは11勝11敗で5位に終わりました。たくさん得点はとってるんですが、負けの数が多すぎましたね。

鹿島アントラーズは、1節から3節まで3試合連続でPK負け。これは体力的にも精神的にもきつすぎましたね。

それにしても1994年に昇格したばかりのベルマーレが2位だったとは.....。意外です。

ハッシー
そういえばこの頃の浦和レッズはJリーグのお荷物チームと呼ばれてましたね

そして年間の順位表がこちら

1994年の年間順位表

ヴェルディがチャンピオンシップを制して連覇を達成しました。ニコスシリーズで優勝した勢いのままに優勝した感じですね。

ちなみにこの頃の私は、アンチヴェルディ川崎でした(笑)

ハッシー
鹿島以外の強いチームが嫌いな人間です

この頃にはヴェルディがJ2の常連になるなんて、誰も予想できませんでしたよね。

肝心の鹿島アントラーズは3位でフィニッシュです。

それにしても、1994年の鹿島アントラーズは失点が多かったんですね。それ以上に得点もかなり多いですが。

スポンサードリンク

ナビスコカップ

対戦相手 H/A 勝敗 スコア 得点者
1回戦 浦和 1-2 サントス

アントラーズは残念ながら、1回戦敗退に終わりました。

ハッシー
当時めちゃくちゃ弱かったレッズに負けるとは……

天皇杯

対戦相手 H/A 勝敗 スコア 得点者
1回戦 東京ガス 0-2  

天皇杯は1回戦敗退です。まさか東京ガス(今のFC東京)に鹿島アントラーズが負けようとは.....。

この試合はかなりショックだった記憶があります。

ハッシー
アマチュアの東京ガスに負けるとは……

1994年まとめ

Jリーグ・・・3位
ナビスコ・・・1回戦敗退
天皇杯・・・1回戦敗退

1994年の鹿島アントラーズは監督が変わったりジーコが引退したり、いろんなことがあった年でしたが、タイトルは獲れませんでした。

アルシンドが2年連続で得点ランキング2位となり、得点王のタイトルを手にすることはできませんでした。

ハッシー
94年の得点王はジェフのオッツェです。
前年の93年得点王はマリノスのディアスでした。
アルシンド、ドンマイ!

1994年加入のアントラーズの選手が気になる方は、関連記事をご覧ください。

1994年のアントラーズには日本代表で活躍した相馬直樹。そしてJリーグのベストゴールを持つレオナルドが加入しています。

スポンサードリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事