鹿島アントラーズの1993年のデータ(試合結果あり)
スポンサードリンク

記念すべきJリーグが開幕した1993年の鹿島アントラーズのデータを大公開します。

1993年のJリーグは、オリジナル10と言われる10チームがホーム&アウェイで戦いました。

それをサントリーシリーズ(現ファーストステージ)とニコスシリーズ(現セカンドステージ)で行い、優勝チーム同士がチャンピオンシップで年間王者を争う形です。

1993年当時はまだ勝ち点制ではなく、勝利した回数が多いチームが上位にきます。

引き分けもなく同点で試合が終わったら、延長戦、PK戦を行いました。

リーグ戦

サントリーシリーズ

まずはJリーグが誕生した1993年5月15日のすべてのゴールをご覧ください。

ハッシー
鹿島アントラーズはジーコのハットトリック。そしてアルシンドの2ゴールで幕を開けました。

それでは続いて順位をどうぞ。

1993年サントリーシリーズの順位表

対戦相手 H/A 勝敗 スコア 得点者
1 名古屋 5-0 ジーコ3・アルシンド2
2 横浜F 3-2 アルシンド・カルロス・長谷川
3 清水 1-2 カルロス
4 V川崎 0-1  
5 G大阪 4-0 サントス・長谷川2・アルシンド
6 市原 2-1 アルシンド・カルロス
7 横浜M 2-0 サントス・アルシンド
8 浦和 3-1 黒崎2・アルシンド
9 広島 1-0 黒崎
10 横浜F 0-2  
11 名古屋 4-0 アルシンド3・長谷川
12 V川崎 3-2 サントス・アルシンド・古賀
13 G大阪 4-2 サントス・アルシンド・長谷川・黒崎
14 市原 2-0 黒崎・石井
15 横浜M 3-1 黒崎・アルシンド2
16 浦和 2-0 石井・黒崎
17 広島 1-2 長谷川
18 清水 1-2 長谷川

記念すべき初代王者は我らが鹿島アントラーズです。この時は地元はもちろん、日本中が盛り上がってました。田舎のサッカーチームが日本一になったわけですからね。

この頃からでしょうか。アントラーズのチケットが全くとれなくなったのは・・・

いつも売り切れでなかなか試合に行けなかったのを思い出します。当時のスタジアムは15,000人収容でしたが、1993年の鹿島はものすごいフィーバーぶりでした。

ハッシー
公衆電話からチケット取るために電話しまくってた頃が懐かしい~

ここで1つJリーグの珍事を紹介します。それはカシマスタジアムで行われた浦和レッズ戦。

浦和が先制ゴールを決めて喜んでいる隙に、鹿島がゴールしてしまうというシーン。動画を発見しましたのでご覧ください。

ハッシー
このシュートけっこうムズイよ。さすがは黒崎!

ニコスシリーズ

1993年ニコスシリーズの順位表

対戦相手 H/A 勝敗 スコア 得点者
1 G大阪 1-0 サントス
2 名古屋 1-1(5-3) サントス
3 V川崎 1-2 アルシンド
4 横浜M 1-1(7-8) ジーコ
5 横浜F 1-2 眞中
6 清水 0-1  
7 広島 4-3 ジーコ・黒崎2・吉田
8 浦和 2-0 吉田・サントス
9 市原 2-1 長谷川・ジーコ
10 名古屋 1-2 眞中
11 G大阪 3-4 OG・アルシンド・長谷川
12 横浜M 3-2 アルシンド2・ジーコ
13 横浜F 3-2 ジーコ・アルシンド・眞中
14 清水 2-0 黒崎2
15 広島 1-0 ジーコ
16 浦和 1-2 サントス
17 市原 3-0 アルシンド2・大野
18 V川崎 1-2 アルシンド

やっぱりというか、ヴェルディが下馬評通りの力を発揮して優勝しました。1993年当時のヴェルディは日本代表のスタメンに6人くらいいましたからね。そりゃ強いわ・・・

ハッシー
初年度のJリーグでは、いい選手がヴェルディ(読売)とマリノス(日産)に固まってたからね

そして、チャンピオンシップ。初代年間チャンピオンは、アントラーズかヴェルディか!?

ご存知の通り、ヴェルディに負けてしまいました。ジーコがつばを吐いて抗議したように、レフェリングはフェアとは思えませんでした。

対戦相手 H/A 勝敗 スコア 得点者
1 V川崎 0-2  
2 V川崎 1-1 アルシンド
スポンサードリンク

ナビスコカップ

対戦相手 H/A 勝敗 スコア 得点者
予選 V川崎 1-1(4-2) 長谷川
予選 市原 1-0 長谷川
予選 G大阪 4-3 アルシンド・賀谷・カルロス・長谷川
予選 広島 1-2 眞中
予選 1-1(2-3) アルシンド
予選 平塚 2-1 ジーコ・秋田

1993年のナビスコカップ。鹿島アントラーズは予選リーグで敗退してしまいました。

ハッシー
どうでもいいけど賀谷とかカルロスが点取ってる。懐かしすぎる……

天皇杯

対戦相手 H/A 勝敗 スコア 得点者
1回戦 NKK 1-1(3-2) 秋田
2回戦 東北電力 6-1 長谷川2・アルシンド・ジーコ2・黒崎
準々決勝 名古屋 5-3 アルシンド2・長谷川2・黒崎
準決勝 清水 1-0 秋田
決勝 横浜F 2-6 黒崎・奥野

1993年の天皇杯。我らが鹿島アントラーズは横浜フリューゲルスとの決勝戦。

だったのですが、激闘の末敗れてしまいました。延長戦で点を取られてからは、明らかに集中力が切れてしまいましたね。

延長で次々に点を決められる姿を見て、切なくなったのを思い出します。

1993年のまとめ

Jリーグ・・・2位
ナビスコ・・・予選敗退
天皇杯・・・2位

1993年のアントラーズは、タイトルに届きそうで届かない年となってしまいました。

このときの経験が、今の勝負強いアントラーズを形作ったのだと私は思ってます。

ハッシー
1993年のアントラーズは、ヴェルディとフリューゲルスにタイトルをかっさらわれてしまいました

Jリーグ元年(1993年)に加入した鹿島の選手はこちらからご覧ください。

1993年は、秋田&奥野のセンターバックコンビ。そしてアルシンドが加入した年となっています。

スポンサードリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事